投稿

11/18 TETRA RECORDS SEASON SHOP

イメージ
今週末、TETRA RECORDSのポップアップショップにてライブします◎ 【TETRA RECORDSの期間限定実店舗 "TETRA RECORDS SEASON SHOP”が代々木上原にオープン!!】 インデペンデントレーベルTETRA RECORDSの店舗が代々木上原に期間限定でオープン! Hi,how are you?をはじめとする所属アーティストのアイテムや、TETRA RECORDSで新たに取り扱う音源、レーベルにゆかりのあるアーティストの音源・グッズ等を一挙展開。同レーベルの新たな試みがスタートする。 またオープンを記念したTETRA RECORDSのオフィシャルアイテムの販売も予定している。 またBIG ROMANTIC RECORDSが運営する下北沢の大浪漫商店が特別出店! ここでしか食べられない台湾牛肉麺が登場?! 週末にはTETRA RECORDSゆかりのアーティストによるトーク・ライブイベントも開催。 すべて観覧無料となっているので下記詳細をチェック。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー TETRA RECORDS SEASON SHOP 【場所】hako gallery  (東京都渋谷区西原3丁目1-4) 【日時】11/19(木)〜23(月・祝) 13:00〜21:00(ただし土日祝は11:00〜) イベントビジュアル: 小田島等 インテリアデザイン: althouse https://althouse.jp 制作協力: 株式会社クラフト https://craft-mtc.jp/ 【EVENT】 ・21日(土) 13:00~ [TETRA RADIO LIVE] Hi,how are you? "生でハラダラいかせて!!” 19:00~ ayU toki0 LIVE ・23日(月・祝) 14:00~ 伊藤暁里 (Taiko Super Kicks) LIVE and more... 【FOOD】 21(土)〜23(月・祝) 大浪漫商店 https://www.bigromanticrecords.com/single-post/bigromanticstore ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー TETRA RECORDS http://www.tetrarecords.com tetrarecords

10/31 雑記

イメージ
昔は動物が苦手だった。そもそも興味があまりなかった。 多摩動物園は坂道が多くて歩いているだけでとても疲れる。 ユキヒョウはかっこいいしレッサーパンダは愛嬌がある。他にも珍しい生き物を見ると楽しい。 でも園内をぐるっとまわってみて、日本の鹿やモンゴルの馬といった、大人しめで地味な感じであったかそうな色味の動物に惹かれるなと思った。 奥の方にある「アジアの平原」というコーナーが好き。 ----- ある日、昔一緒にバンドをしていたテルくんからみらべるやREV.01の感想のメールが来た。 なんてことのないやりとり。 こうやって、誰かから会ってなかった時間をあまり感じない様な連絡が来るとほっとする。 自分にとっての「コロナ禍」は主にこういうことだったんだろうと思う。 ネット上でなんとなく現在の状況を確認している昔の知り合いと久々に実際に顔を合わせた時の距離感がいまいち掴めないときがある。 今後は特に、人との距離にはある程度の覚悟しようと思っている。 ----- ギターを弾く練習をする。 作曲や録音の作業と、「ギターを弾く」のとはやっぱりちょっと違う。 春先に部屋を片付けた時に、部屋で鳴らすための小さなギターアンプを手放してしまって、それ以来少しギターから遠くなってしまっていた。 気がつけばまともにギターを弾かないで半年も暮らしていたという事に気がついてちょっと戸惑ったけど、深く考えない様にと新しいギターアンプを手に入れることにした。 自分の選んだ物が相変わらずの自分の感性だったことについて少し考えてしまったけど、 友人が「好きなものはいくつあっても良い」と言ってくれて嬉しかった。 誰かの言葉が自分の線を濃くしてくれたりする。 ----- まちこのバンドでスタジオに入る。 新しいメンバーと一緒に音を出す。 新鮮な気分で、大きな音でみんなで演奏するのはやっぱり楽しくて、自分自身に少し安心した。 はやく次のスタジオに入りたい。 許すなら、メンバーと一緒にずーっとスタジオに入って曲のアレンジをしていたい。 結局それが一番楽しい。

10/23 REV.01(6)、藤原さくら「SUPERMARKET」、電話、雑記

イメージ
発売から1ヶ月経ちました。聞いてくださった方々ありがとうございます🤝 引き続きよろしくお願いします! apple music https://music.apple.com/jp/album/rev-01/1532005707 spotify https://open.spotify.com/album/0J5N3xC9pkjfG0lsgrcAig?si=PuYNOyFrTMGGyVEy9f-5IA COMPLEX通販はこちら。 https://ayu148.stores.jp/items/5f545ee480933944cb39e9ee リリースパーティを催したい気持ちと共にLimitedコツコツ更新していきます。 https://complex-revision.tokyo/REV.01/ まだまだまだまだ先は長い🚌。 ----- 自分も「Ami」という曲にギターで参加した藤原さくらちゃんのアルバム「SUPERMARKET」がリリースされました!!おめでとう!! https://open.spotify.com/album/5RFQeZyK2dQb4MhdKx0XXq?si=wyaAR6DjRCOOuBRUd3YoLg これに入っている「ゆめのなか」という曲がすごく良かった。 さくらちゃんの曲には大人びたムードの側面と、少女の様なムードの側面があるなと思う。 気持ちのさらけ出し方にもいろいろあるけど、人の心を揺らす表現の何もかもが熱烈なものである必要なんてなくて、素直で素朴でまっすぐな他人の気分に心が大きく震えることもある。 そんな歌を歌える人っていうのはそんなにいないんじゃないかなと思う。 スカートのメンバーによる演奏。これもすごく合っているなと思った。 「どうか、どうか」という歌詞があるんだけど、この独特なポルタメントがとても不安定でつかみどころがなくて、こんな祈りがあるのかと思った。 ----- 昔からの友達に電話をかけた。久しぶりに声が聞けて嬉しい。僕は電話が好きだ。 あんまり変わらない声のトーンでいてくれて助かるよ。 年齢を重ねるにつれて、少しずつ「電話」のハードルが上がる。 その事実が自分達の年齢や過ごした時間の長さを感じさせて、これまたちょっと寂しいよ。 ----- 悲しい報せが多くて参ってしまうので気晴らしにとゲーム機を買った。 子供の頃、ど

10/10 REV.01⑸、雑記

イメージ
ウェブマガジン「TURN」にREV.01のロングインタビューが掲載されました。 http://turntokyo.com/features/ayu-tokio-interview/ インタビュアーは岡村詩野さん。 これまでの関係も総括するような内容の問いが嬉しかった。 ライターとの距離感については常に考えることがある。 ミュージシャンの僕らは基本的にあまり多くの「言葉」を持たない人々と思ってます。 だから、こんな風に文章を書いているのはいつまでたっても違和感あります。書くんですけど。 思いはある。 でもそれは歌詞にするし、友達に会って話すもの。 僕の思う音楽の歌詞っていうのは「スピーチ」とは違う。 スピーチは得意な人というか、肌に合ってる人がするべきと思うからこそ、 音楽家にとっての「伝え手」の重要性がどういうものなのか、ライターの人や、店の人や、その他にも言葉を扱う人には知って欲しいとも思っている。 いや、知って欲しいのは「言葉を使う」当人のマインドよりも、「使われる」人たちの気持ちなんだろうな。 自分も、気をつけないといけない。 これを強く思ったのは今年の4月のことなのですが、これはREV.01のlimitedページにそのうち書こうと思います。 とにかく、今回の詩野さんがまとめてくれた記事は自分としてもとても満足のいく内容。(もはや、内容は別としても。) ぜひ読んでみて欲しいです。 良い記事だなと思います。 詩野さんありがとうございます。 ----- REV.01の特設ページの存在について、わかりづらいものを作ってしまった感があって脂汗がにじむような時もありましたがこれはこれで長く付き合っていこうと思います。 やや在庫の終了が近づきつつあることや竹田さんや他のいろんな人のアドバイスもあり、プロモーションに焦る気持ちもなくなってきたのでサブスクも含めて通常の作品よりも長めに付き合ってみようと気持ちがはっきりしました。 ちなみに、自分は多分通常でも1作品に対するプロモ期は長めだと思います。 メジャーじゃ無いんだから、時間かけます。 遊撃手というアルバムは大体一年くらいツアーとかやってました。 https://complex-revision.tokyo/ 忙しい中ウェブの更新に付き合ってくれるテリーくんありがとう。 彼の責任において、ウェブの改変は任せているので面白

10/4 REV.01取扱店情報、雑記

イメージ
REV.01発売からはや二週間。 ありがたい感想のお言葉も各方面からいただいて、ありがとうございます。 Limitedページコツコツと更新しています。 お買い上げの皆さん、ワンポストワンポスト結構な熱量で書いてるのでぜひご一読くださいませ。 もちろん、このまま最後まで熱量をキープして書き続けます。 さて、現在の取り扱い店舗は以下の通りです。 東京 ・ココナッツディスク池袋店 http://coconutsdisk.com/ikebukuro/ ・ココナッツディスク吉祥寺店 http://coconutsdisk.com/kichijoji/ ・jet set下北沢店 https://www.jetsetrecords.net/location/tokyo/ ・HMVレコードショップ新宿 https://www.hmv.co.jp/recordshop/news/shinjuku ・下北沢pianola records https://pianola-records.com/ ・下北沢ノアルイズレコード http://334578.sub.jp/ ・新代田LFR http://listenandfood.red/ ・武蔵小山ペットサウンズ http://www.petsounds.co.jp/ ・国立アンティークジョン http://antiquejohn.cocolog-nifty.com/ 他 ・名古屋 RECORDSHOP ZOO https://recordshopzoo.com/ ・京都 SECOND ROYAL SHOP http://shop.secondroyal.com/ ・秋田 のら珈琲 http://nora-coffee.com/ ・タワーレコード各店(お問い合わせください) https://tower.jp/ ・ディスクユニオン各店(お問い合わせください) https://diskunion.net/ ありがとうございます!よろしくお願いします! そして引き続きCOMPLEX通販もよろしくお願いします! https://ayu148.stores.jp/items/5f545ee480933944cb39e9ee ----- REV.01のリリースがひと段落して、日常を取り戻す。 部屋にこもって楽器の修理や製作の作業をしていると本当に穏やかな

9/25 REV.01⑷

イメージ
ついにREV.01発売。長かった!やっと出た!世に出た💝 この作品に関する詳しい話は出来立てのコンプレックスWEB https://complex-revision.tokyo/ メニュー下の方にあるlimitedページの方に書いていこうと思います。 カセットテープに付属されているパスワードを入力するとlimitedページにアクセスできるようになってます。 各種サブスクも同時に解禁となりました。 apple music https://music.apple.com/jp/album/rev-01/1532005707 spotify https://open.spotify.com/album/0J5N3xC9pkjfG0lsgrcAig?si=PuYNOyFrTMGGyVEy9f-5IA 個人的に、 「佐藤寛」 「すずきみすず」 「辻睦詞と中央電化ドクター」 の三組の各サブスク内アーティストページを作ってしまったということに胸がグッとなりました。 この三組は僕にとっての宝です。 レーベルとしての責任を感じました。 今作に関する取材第一弾。 AERA のネット版にインタビューが載りました。 https://dot.asahi.com/aera/2020092200029.html?utm_source=dlvr.it&utm_medium=social インタビュアーは岡村詩野さん。 インタビュー記事というのライターの方の作品だなとつくづく思います。 今回はAERAという雑誌の印象からメールインタビューだったのもあってかなり堅っ苦しい文章で返したのですが、詩野さんっぽい柔らかなまとめ方をしてくれていて(僕のことそういう風に見てくれてるのかなーと思った。) 今回の詩野さんの記事はすごく嬉しかった。 REV.01のこと、自分の活動を見てくれているんだなーとしみじみしました。 こんな時ばかりでなく、本当はライターの人たちともっとたくさんのことを話してみたいと思う。 ココナッツディスクの紹介や秋田ののら珈琲のネットショップに載せてくれた商品ページの紹介文もすごく嬉しかった。 ネットで見かける感想なんかにも気持ちが跳ね上がるものをいくつか見かけました。 紹介したいくらいですけど、やめときます。 ショップといえば、中古レコード屋の値札に紹介文書いてありますけど、あれ

9/20 COMPLEXwebと幻獣カーバンクル

イメージ
下北沢のpianola recordsとノアルイズ・レコードにREV.01を納品。 pianola recordsは下北沢に新しく出来たオシャレな一角、ボーナストラックの中に出来た新しいレコードショップ。 店主國友さんこだわりの品揃えの中古レコード屋という感じだけど入りやすいです。 中古に混じって新品の音源も取り扱いがあるのでREV.01を買いに行きつつ、他の商品もじっくり見ることをおすすめいたします。 ----- しばらく雑談してから武末さんらと合流してノアルイズレコードへ。 久しぶりに集まって楽しかった。 これまでしっかり聞いたことのなかった「オリーブ少女のみなさんが手にしていたレコード達はどこへいったの?」の解答に具体的なものはあがらなかった。 90年代、自分は小学生だった。 その頃あの人やあの人はどこで何をしていたのか などと考えることが自分は好きだ。 その時代の生の空気感 を自分も吸っている。 遠いところでだけど。 でも、よーく覚えているから、話を照らし合わせてみるとめちゃくちゃおもしろいんだよねー。 ところで、店主のあべさんは武末さん本人を目の前にして本当に熱を込めて、「たけちゃんのギターはね、最高なんだよ」と褒める。 それを見ているとなんだか気分が良くなる。 仲間同士で褒め合うチームが好きだ。 「うちの子感」のあり方として、ケチをつけるか、褒めるか どちらかなのであれば、褒める家族や仲間の方が良い。 ノアルイズマーロンタイツの人たちは全力で褒める感じ。 最後の方、酔っ払ったあべさんが手に持っていたものを一つずつ順番に床に落としていき、それを拾おうとした時にかけていたメガネまで落としていてコントみたいだなと思った。 ノアルイズレコードのレジ前にはayU tokiOややなぎさわまちこのカセットと共に今回REV.01にも参加してくれたクマに鈴のカセットも置かせてもらってます。 クマのカセットボックスセット、かっちょ良いのでオススメ。 ——- 帰りに近くのスタジオに用があって顔を出したらまたしてもリョムソンさんがいて先日ぶりに最近気になるギターの話の続きを少しする。 2000年代から見てきているけど、今日までの個人工房的な楽器ブランドのムードは落ち着いてきた感がある。 そんな中、現在圧倒的な異彩を放っているルシアーが世界に数名いて、密やかに熱い眼差しで動向を見