2016/11/07

11/3

こんばんは

去年の11/3レコードの日にリリースした7インチシングル

「犬にしても」

のmvを公開しました。


mvを製作してくれたのは浮舌(フジタ)さん。
彼には[new solution][new solution2]のフライヤー、7インチ「犬にしても」のデザインもやってもらいました。

ここ数年のご近所の縁、いつまでも大事にしていきたいと思います。

2016/10/27

10/27

こんばんは

今年の7月に行ったライブの映像を公開しました!

「air check」
「乙女のたしなみ」
「恋する団地」

の三曲分です。

映像を作ってくれたのは たけうちんぐ(@takeuching)さん。
お世話になってます!
歌詞も入っているのでそこのところも宜しくお願いします。

air check

乙女のたしなみ

恋する団地

大所帯でのライブ活動はこの日をもってアレにしてますけど、またいつか✨





最近は多摩動物園に行ったりしました。
アジアのどこかの山にいるっぽい、牛っぽい動物が金色に輝いていて大変神々しかったです。
あと、レッサーパンダが愛くるしかったです。
ハイになって撮りまくった動物の画像や映像をいっぱいsnsに投稿してみたらレッサーパンダのいいね!がちょい多めだったのでやっぱみんなレッサーパンダ好きだよなって思って最高でした。
でも金の牛は最高だから是非お時間あるときに会いに行ってみてください。

そんなわけで動物の事結構好きになってた自分を感じていい気分になりましたが、
鳥エリアの悪臭は全然ダメで、やっぱ鳥は可愛くなかったです。





さて、ayUtokiO的には構想三年って感じで、いつになるやらですがアイデア爆裂で頑張ります。
恋のパイナップル活動補佐αや、辻睦詞と中央電化ドクター活動補佐δ及びβγ、その他活動補佐σ&プロデュース活動などは自分にとってかなりの重要事項でありますから、帯を締めて頑張ります。
とにかく、ayUtokiOのみならず来年は頑張ってギターを弾こうという気合いで構想三年なので、これを見た関係者各位様、イベンター各位様は僕宛にメッセージをください。
エレキ一本及び、他多くの要素でのご提案をさせて下さい。

時代はエレキです。とにかく。

2016/10/20

十月になりました

こんばんは

もうすぐ「犬にしても」のリリースから一年です。
早いものです。

10才の頃は20才が遠かったけど、20才からの30才はあっという間でした。
姿もあまり変わりませんし、考えてることもあまり変わりがないように感じます。
やれることが増えたというよりかは、やることが増えたという感じで、
むしろやれないことは昔よりも増えた気がします。
やれないことが分かって、少しずつ自分という人間の形をはっきりと捉えることが出来るようになった気がしますが、それもどうだかわかりません。


年の離れた友人から電話がありました。
元気そうな声が聞こえて、近々うちに遊びに来るそうだから色々と話が出来たら嬉しい。
彼と話す時、未だに僕はどんな人間でいたらいいのか分かりません。
どんな人間でいられるかも分かりません。
ただ、上手に話を聞いてあげられたら良いなとだけいつも思っています。

最近、興味のある機材のことをインターネットで調べていたら日本のサイトだけでは足りなくなることが多くなってきました。
そしてアメリカに思いを馳せます。
グーグルマップで目当てのショップの位置にマークをつけて、自分の家からの距離を測ります。
その気になれば丸二日もあれば辿り着けるでしょう。

そしてサンフランシスコの友人を思います。
フェイスブックからメッセージを送ります。
話したいことは沢山あるけど英語は得意でないので言葉はどれもとても簡単なものになってしまいます。
「sounds good」
僕も真似をして同じ言葉で返します。

とりあえず
今 どこで 何をしてるかだけ聞ければ僕たちが繋がっている意味はあると思います。
元気そうで何よりでした。

「元気でいることじゃな」
年の離れた友人が言ってくれたことがあります。
言葉だけじゃなく、住む町と時代が人と人の関係を決めることもあるかもしれません。
毎日フェイスブックで繋がっていても、一本の電話にかなわないこともあり
一本の電話よりも、ひととき合って話すことが大事なこともあり
会って話さなくとも、一枚の写真が時間も越えて繋ぐこともあるかもしれないなと思います。


2016/09/16

九月になりました。

こんばんは

前回のライブから早くも二ヶ月ほど経ちました。
この間、次回の作品や日常生活の為のアイデアを練ったりして過ごしていました。

ライブは誘いのあったものに少しだけ。

と、そんなライブの一つに先日の下北沢での「HEY SUBURBIA 40」がありました。
これは僕の初作品である「NEW TELEPORTATION」をリリースした「SUBURBIA WORKS」というレーベルのイベントです。10周年とのことです。

このレーベルはいわゆるパンク系のレーベルだと思います。
僕もパンクだから仲が良いのです。良くわかりませんけど。

パンクってなんだろうか。その精神ってなんだろうか。
なんぞ?

とにかく、そのパンク・な・イベントがかなり良かったです。

ふわふわのポメラニアンが好きだし、緑いっぱいの森にひっそりと暮らすリスの家族が好きです。
そして超合金ロボやメカに刺すオイルの匂い、なにせアイアンの質感が好きな僕です。

どこにだって気の合う人もいる。

それで、改めて思ったのは、
どこにでも同じ目の色の人がいるということ。
似てるけどその実、似ても似つかないカスも確かにいるということ。
決め手はまだありませんが、だんだん分かってきました。

カテゴリー分けは差別的な意味を考えると抵抗が無いわけじゃないけど、自分を知る為に相手を、または身の周りの全てをよく見てその一つ一つに自分なりの答えを持つこと。

やるべきことはいつもどこでも変わらないのです。

で、どこでも言ってることもやってることもあんま変わらないでいると面白いのが、数年前はコミットしなかった人物に、別な世界の視点を持ってコミット出来るということ。

とにかくアキラ君、10周年おめでとうございます。お呼びいただき光栄至極でありました。僕もNEJIかもしれないです。いつかはかっこいい超合金ロボの一部になりたいものです。

そんなわけで、ノスタルジック大好きっ子として、この日はちょっと昔を振り返ってみる気もあったんですけど、割と現在進行形だなと思いました。だから力入って若干疲れるっていうか。。。
しかし、人間同士、付き合いからは降りられないんだな。


そして、心機一転「新たなる解」以降の音楽の模索に取り掛かるのでした。

ありがたいことに現在ちょっとしたミッションが与えられていて、密かに作曲をしています。
作曲というか、録音です。
こういう機会があるとアイデアを色々と試すことが出来るし、とても良い。

そのうちどこかで聞いて下さい。

おやすみなさい。

2016/07/07

2016/7/2 [NEW SOLUTION3]

おはようございます。

先日の
ayUtokiO1st full album「新たなる解」リリースパーティー
[new solution3]
にお越しくださった方々、どうもありがとうございました。
おかげさまで僕自身とても楽しく1日を過ごすことが出来ました。



ミツメは、彼らの初めての自主企画に呼んでもらったことなどもあり思い入れのあるバンドでした。尊敬する音楽仲間です。
大きな車に機材をいっぱい積み込んで、6名の仲間を連れて会場にやって来ました。
それだけでも僕は感慨深いものがありました。
「舞台」の袖からリハーサルをするミツメを見るのは初めてだったから、新鮮でした。
新譜の曲を中心に淡々とこなしていく彼らは「らしい」ステージをしっかりと見せてくれました。
音楽の話は今回はしません。良かったです。
これからも彼ら四人らしく、頑張って欲しいと思っています。



[new solution3]におけるayUtokiOは最高でした。

ミニアルバム「恋する団地」をリリースした頃から、
ゆっくり時間をかけて、活動当初思い描いていたよりステージ上の人数は増えたし、出会ったミュージシャンのキャラクターの分も加わって、より立体的なアンサンブルとなってステージの上で2016年のayUtokiOが実現しました。

今回、確かな手ごたえを感じました。
「作り手」として、やっとステージの上で充実感を得ることが出来ました。
そして、まず「新たなる解」はもっと多くの人に聞いてもらうべきだと思います。

ここまで3年くらい大編成のバンドを携えてソロ活動を続けてるうちに、色々あってなんだかとても呼吸がしづらくなったような気がしました。

一人でもくもくと考え込む姿を、近くにいた人はずっと見守ってくれたし、文句も言わずにあらゆる面で協力してくれたし、サポートメンバーは演奏以外でも僕の事を支えてくれているんだなと思いました。
それは、「バンド」を組んでいるときにも経験したことのないことでした。
それはそれで、嬉しい気持ちに耐え切れず、更に息苦しい気持ちになったりもしました。

それもこれも全部が非常に価値のある経験だったと思います。
そんなayUtokiOにおいて、僕はここまで常に、意識して、「作り手」であり続けました。
ここまでに残した全てにそういう意味でもこういう意味でもとにかく大きな手ごたえがあります。
とにかくまだ聞いてない作品があったら全部聞いてみて欲しいです。



ライブを終えて、一息ついたり、会った人と話したり、メールのやりとりをしたり、声が聞きたくなって電話をしたり、電話をくれる人がいたりして、その中で思うことも多くありました。
夢の話は友人と。
現実の話だって、友人と!!



まだまだ音楽を続けます。
いきているアイデアが死ぬほど待っている。
今度は大きく息を吸って!


猪爪東風

2016/07/01

ミツメと私

ayUtokiO 1st fll アルバム「新たなる解」リリースパーティー
[new solution3]
遂に明日に迫ってきました。

ゲスト・アクトとして招いたミツメの四人と改めて親睦を深める意味も込めて、僕から少し質問を投げかけてみました。

下の文章を読んでayUtokiOとミツメの現在の関係性を確認し、各自明日に備えましょう!

どうぞ〜!


Q1,
7/2ayUtokiOとは久しぶりの共演となりますね!ayUtokiO14人!ミツメは4人!意気込みを聞かせてください!

スカスカに見えて意外と音圧があるところでayUtokiOのお客さんにアピールできたらなと思います。

Q2,
ayUtokiOとの思い出があったら教えてください!

川辺 - 初めて開催したミツメの企画に出てもらったり、機材を直してもらったり日頃からお世話になっています。
須田 - あゆ君とはたまに多摩川沿いのカフェでお茶をします。あゆ君はアツい漢。毎回きづくと何時間も経っています。

Q3,
メンバーそれぞれに質問です!ayUtokiOくんのどこが好きですかぁ?

川辺 - 興味があることにすごく熱心なところがとても正直で良いなと思っています。
大竹 - 機材や音楽について語っている時の、聞いていてこっちまでワクワクさせられる感じが好きです。

Q4,
ayUtokiOくんはミツメのどこが好きだと思いますかぁ?

川辺 - 清潔なところですか?
須田 - 弟感。へっぽこ感。

Q5,
メンバー・川辺 素くんはとてもなめらかな髪質ですね!
そこで質問です!ヘアスタイルをガラリと変えるとしたらどんなものに挑戦したいですかぁ?

川辺 - 砂原良徳さんの髪型が好きなので真ん中わけにしたいです。

Q6,
メンバー・大竹雅生くんの使用機材からは独特の個性が感じられていつもステージを見ていてとてもわくわくします!
そこで質問です!愛用のfender jaguar以外に使用してみたいエレキギターがあるとしたらそれは一体どんなものですかぁ?

大竹 - Fenderのスチューデントモデル(Music MasterBroncoDuo Sonicなど)と、Danelectroは前から気になってますね。
あとTEISCOとかGuyatoneの無駄なスイッチがいっぱいついてる国産ビザールギターも、リードギターとして使ってみたら面白そうだなと思います。
スイッチとツマミ好きなので

Q7,
メンバー・nakayaanくんはソロ活動をしていますね!僕もソロ活動をしています!
そこで質問です!ソロ活動を経て、nakayaanくんにとってミツメとは、バンドとは一体何ですかぁ?

ナカ - バンドはおもしれ~っす!その瞬間のその4人が集まってしか生み出せない音にはマジ価値あるってカンジっす!
ミツメはケミストリー、エクスプロージョン、ビックバンっす!

Q8,
メンバー・須田洋次郎くんはとても素敵なファッションセンスでいつもばっちりだと思います!
そこで質問です!デニムジャケットの袖を引きちぎるスタイルは今後日本でトレンドになっていくと思いますかぁ?

須田 - 意外と簡単に切れますし、ファッションとして通年で合わせやすいのでオススメです。春秋はパーカーの上に、冬はコートの中に着てもカッコいいし機能的です。トレンドになるポテンシャルは十分にあると思います。

Q9,
それぞれ好きな男性のタイプを教えてくださいっ!

川辺 - 最近は吉村界人さんがカッコいいなと思います。
ナカ - スネ毛とか無い人
大竹 - ちょっと変な人
須田 - こだわりのある人

Q10,
それぞれ嫌いなバンドの名前を教えてくださいっ!

川辺 - ナインインチネイルズ

ナカ - ◯◯の◯◯◯◯





以上、 共演前日ミツメにちょっぴり質問タイムでした〜。
明日、自分もとても楽しみにしています。

みなさまのご来場お待ちしております!

2016/06/23

新グッズについて

こんにちは

7/2から販売する新しいグッズが完成しました。

Tシャツmtr
2,500yen

スマートフォンケースfm
3,500yen

ハンカチwur
1,500yen

以上三点です。

今回のデザインは全て、
「乙女のたしなみβ 7inch」アートワークデザイン、
「新たなる解」収録、米農家の娘だからシンセサイザー演奏、
「new solution3」フライヤーデザイン、
でおなじみのMTRさん(CARRE)によるものです。

最高の出来栄えです。

7/2にゲットして下さい!



イノツメ

2016/06/18

7/2バンドメンバーの紹介

こんにちわ。

7/2に向けて引き続き準備を進めています。

今回は最大14人で演奏するわけですが、その参加メンバーのことを話ししようと思います。



いつもサポートしてくれている人から、



1、やなぎさわまちこ(key,vo)
最小の編成にも参加率の高い彼女は今、密かにソロ名義での音源制作をスタートしています。この制作は全体的に僕がプロデュースを手掛けるという事で進めています。これもまたなかなか良い作品になりそうな予感がします。興味のある方は動向をチェックしてみて下さい。
絶妙なメロディセンスと正確なリズム感、そして良い声の持ち主です。機械にも強く、さりげなく万能なミュージシャンです。

2、ウラリョウイチ(ba)
ayUtokiO少人数以上の編成には欠かす事のできない凄腕ベーシスト。熊本(福岡)出身。
ツイッターでは夜な夜な毒を吐きまくっていますが死ぬほど心の優しい人。
僕の悩みを聞いてくれたり、一緒にアイス食べてくれたり、あらゆる方面でサポートしてくれている気がします。
死ぬほど練習が好きで、とにかく超有能なベーシスト。宝。

3、原GEN秀樹(dr)
年長組、「northern bright」のドラマー。福岡出身。
ゲンさんのことは彼が「totos」という僕の大好きなギターポップバンドのサポートを始めた頃に知りました。憧れの先輩です。鬼の様な形相でドラムを叩きますが超優しい。
自前のスツールが最高にかっこ良くて、自分もいつかドラマーとしてバンドやるなら持ち込み機材は「椅子」と決めています。

4、山本紗織(fl)
ayUtokio team(一回きり)からの付き合いの素敵なフルート奏者。
持ち前のコミュ力をして、あれよあれよと言う間に色々なところで演奏する様になりました。さおりさんの音を聞いていると「フルートは歌だなー」、と思います。
優しく芯のある音色がさおりさんの持ち味です。
最近フルートケースを新調しました。ハイファッション通。
言彦くん、あっこさんとは高校の同級生。

5、山下言彦(vn)
ayUtokio team(一回きり)からの付き合いの正義のバイオリン奏者。
オザケンが大好き、酒大好き、バイク大好きで酔うと楽しい人です。
抜群に感じが良く、演奏ものびのび、おおらか。
いつか一緒にCBで箱根に行くのが夢です。
さおりさん、あっこさんとは高校の同級生。

6、田代晶子(vla)
ayutokio team以降すぐからの付き合いの心優しきビオラ奏者。
実はバイオリンが本業で、普段はブライダルなどでの演奏や教室での先生などをしています。プロ。
どんな要求にも応えてくれてとても感じの良いミュージシャンで本当に助けられています。さおりさんが言うには、踊ると腰の位置を誰よりも深く落とすらしいです。
さおりさん、言彦くんとは高校の同級生。



はい。ここからは更なるayUtokiO。



7、大橋伸行(ag,per)
年長組、「MISOLA」のギタリスト。
前任サポートギターryo takematsuさんからの紹介でayUtokiOにお付き合いいただくことになりました。予定調和が大嫌い、無垢なものに弱い。そして中二男児の優しき父でもあります。常にキレのある有益なアドバイスを与えてくださり、無理な要求にも楽しそうに応えてくれて本当に助けられています。今回はパーカッションも担当してくれます。
一見無口そうに見えるのですが、ときどき切れ味の鋭いナイフを突き立てるが如く、毒をぶちまけ僕を痺れさせてくれます。かつ、すごく優しい心を持った音楽家です。

8、今井KAZUYA(key)
今回最年少、「失敗しない生き方」のキーボーディスト。とても素敵な曲を書ける作曲家です。
猛烈にシャイで、とてもかわいい後輩です。とにかく一生懸命練習してくれます。自分から「あゆさんの〜〜の曲大好きです」と言った曲は全然弾けなくてかわいかったです。
チョコミント味とテンション風と渋谷系風味が好き。彼もソロ活動をじんわりと進めているようなので、気になった方はチェックしてみて下さい。DEMOでは歌う人がいないからボーカロイドを使用していて、そこもかわいい。

9、大石陽介(eg)
「カンバス」サポートギタリスト。福岡出身。
大橋さんの激推薦によって興味を持ち、お誘いした凄テクギタリストです。
一緒にやってみるとやっぱり素敵で、凄テクかつ、とにかく歌に寄り添ってくれます。福岡の人はみな、心が優しいです。そんなギターを弾いてくれたり、ときに凄テクを織り交ぜたりしてくれる素晴らしい演奏家です。絶賛演奏仕事募集中。余裕でなんでもやれます。(多分)

10、國見智子(trumpet)
最高な先輩。
「wack wack rhythm band」のメンバー。
自分は「sloppy joe」のメンバーとしての國見さんを先に知りました。その音はなんとも伸びやかで、その後「MISOLA」に参加する國見さんと三橋さんコンビを見てブチ上がり、「ホーンセクションを録音するときは絶対にこの二人にお願いしたい」と思ったのでした。天才肌。

11、三橋俊哉(tenor sax)
最高な先輩。
「wack wack rhythm band」のメンバー。
激シブなサックス本体を、年輪を感じる豊かな音で鳴らしてくれる素晴らしい方です。
多趣味&ハイセンスでとにかく尊敬の先輩です。
音源、ライブと参加していただけてとてもハッピー。

12、櫛引彩香(cho)
声も姿も心も美しいシンガーソングライター。
中学生の頃TOKYO MXでの電リクビートボックスを見てましたから、ご一緒出来るのは非常に感慨深いです。
ご自身はソロのボーカリストにも拘わらず、今回はコーラスのポジションで参加して下さいます。その懐の深さは歌にそのまま出ている気がするのです。

13、小川タカシ(cho)
素敵なポップスユニット「カンバス」のvo,gの男前な人。福岡出身。
今回「コーラスの音がバッチリはまったときの快感」を求めて引き受けて下さいました。
ギターも弾けて曲も書けて歌も上手くて格好も良い。しかも話してみると極めて温厚な方でしたから、迷わずお誘いしました。やっぱりコーラスもバッチリこなせちゃう、流石なハイスペック、櫛引さんとのコンビネーションを是非お楽しみ下さい。

※ことひこくんのみいません。


はい。一生懸命みなさんのことを紹介しました。
いい人 いい人 心 心 って、

結局音楽は「人」ですね。
にんげんだもの。






14、僕(vo,eg)

2016/7/2 原宿アストロホール是非来てください!!

イノツメ

2016/06/07

近況

こんにちは

アルバムリリースから一ヶ月ほど経とうとしています。

「新たなる解」聴いていただけましたでしょうか?
この作品にまつわる話のいくつかはインタビューなどでお話ししてきました。
ウェブ記事の場合、メディアの項目にリンクを貼ってありますので是非ご一読いただければと思います。

雑誌などにもレビューなどが載っているそうですが、いちいち人のレビューを僕から紹介するのも変な気がするので、見かけたら読んでみてください。
僕が見つけたものは、よく書いていてくれて嬉しかったです。

インタビューなどで話したこと以外にも色々感じたり思ったりしながらアルバムを作っていったんですが、時間が経つにつれだんだんと持っていた気持ちは薄れていき、今ではよく覚えていない感情も沢山あるような気もします。

いつかそういった感情やアイデアを、これらの音を聴きながらふと思い出すこともあるんでしょう、レコーディングは本当に面白いものです。
そして、そういった感情やアイデアをここに記す気持ちも今はありません。忘れちゃったから。


最近の話しを少ししようと思います。

先月から7/2のリリースイベントに向け、スタジオに入りライブの練習を重ねています。
今回のバンドは総勢14名。協力してくれるバンドのメンバーには本当に感謝しています。
凄くいいステージになると思うのでぜひ見て欲しいです。
参加メンバーの紹介はおいおいしようと思います。
共演はミツメです。
彼らとの付き合いも長くなってきました。いつも一緒にいる友達の様に仲良し というわけでもなかったのですが、ずっと大事な音楽仲間だと思っていました。
いつか共演したいと思っていたので今回僕から誘えてとても嬉しいです。

今回のライブに合わせて新グッズ製作も進めています。気に入ってくれると嬉しいな。僕は凄くいいと思っています。当たり前ですが。この話もおいおいしようと思います。

フライヤーが完成したのでばらまいています。
ライブハウス入り口でやまほどくれるフライヤーにはどれだけの念が詰まっているんだろうか。
今回デザインをしてくれたMTR(鈴木)さん、細部にも凄くこだわってくれたので手にとってながめて欲しいと思います。

他には、辻睦詞と中央電化ドクターのスタジオに入ったり、タワーレコードインストアライブのことを考えたり、ちょっと他で頼まれた作曲の作業をしたりしています。


そんな感じに過ごしています。
わいは元気です。


イノツメ

2016/05/02

7/2 new solution 3

こんにちは。
ayU tokiO 1st album 『新たなる解』リリースまであと10日程。
このリリースを記念してイベントを開催致します。



「new solution 3」
2016.7.2 sat - 原宿 ASTRO HALL
guest : ミツメ 
ticket adv 3000 / door 3500 / open 18:00 / start 18:30
info : http://www.astro-hall.com/
TEL 03-3402-3089



チケット先行販売 5/15 13:00〜5/22 20:00まで
ASTRO HALL 専用webにて http://www.astro-hall.com/ticket-pre/

一般販売 5/28〜7/1まで
WEBぴあ にて http://ticket.pia.jp/pia/event.ds?eventCd=1621870
Pコード - 298634 ※最終販売は23:59まで



ゲストアクトにミツメをお迎えします。
ayU tokiOは過去最大の人数でのパフォーマンスでみなさんをお待ちしています。
是非とも遊びにいらしてくださいませ。

いのつめ