2016/06/23

新グッズについて

こんにちは

7/2から販売する新しいグッズが完成しました。

Tシャツmtr
2,500yen

スマートフォンケースfm
3,500yen

ハンカチwur
1,500yen

以上三点です。

今回のデザインは全て、
「乙女のたしなみβ 7inch」アートワークデザイン、
「新たなる解」収録、米農家の娘だからシンセサイザー演奏、
「new solution3」フライヤーデザイン、
でおなじみのMTRさん(CARRE)によるものです。

最高の出来栄えです。

7/2にゲットして下さい!



イノツメ

2016/06/18

7/2バンドメンバーの紹介

こんにちわ。

7/2に向けて引き続き準備を進めています。

今回は最大14人で演奏するわけですが、その参加メンバーのことを話ししようと思います。



いつもサポートしてくれている人から、



1、やなぎさわまちこ(key,vo)
最小の編成にも参加率の高い彼女は今、密かにソロ名義での音源制作をスタートしています。この制作は全体的に僕がプロデュースを手掛けるという事で進めています。これもまたなかなか良い作品になりそうな予感がします。興味のある方は動向をチェックしてみて下さい。
絶妙なメロディセンスと正確なリズム感、そして良い声の持ち主です。機械にも強く、さりげなく万能なミュージシャンです。

2、ウラリョウイチ(ba)
ayUtokiO少人数以上の編成には欠かす事のできない凄腕ベーシスト。熊本(福岡)出身。
ツイッターでは夜な夜な毒を吐きまくっていますが死ぬほど心の優しい人。
僕の悩みを聞いてくれたり、一緒にアイス食べてくれたり、あらゆる方面でサポートしてくれている気がします。
死ぬほど練習が好きで、とにかく超有能なベーシスト。宝。

3、原GEN秀樹(dr)
年長組、「northern bright」のドラマー。福岡出身。
ゲンさんのことは彼が「totos」という僕の大好きなギターポップバンドのサポートを始めた頃に知りました。憧れの先輩です。鬼の様な形相でドラムを叩きますが超優しい。
自前のスツールが最高にかっこ良くて、自分もいつかドラマーとしてバンドやるなら持ち込み機材は「椅子」と決めています。

4、山本紗織(fl)
ayUtokio team(一回きり)からの付き合いの素敵なフルート奏者。
持ち前のコミュ力をして、あれよあれよと言う間に色々なところで演奏する様になりました。さおりさんの音を聞いていると「フルートは歌だなー」、と思います。
優しく芯のある音色がさおりさんの持ち味です。
最近フルートケースを新調しました。ハイファッション通。
言彦くん、あっこさんとは高校の同級生。

5、山下言彦(vn)
ayUtokio team(一回きり)からの付き合いの正義のバイオリン奏者。
オザケンが大好き、酒大好き、バイク大好きで酔うと楽しい人です。
抜群に感じが良く、演奏ものびのび、おおらか。
いつか一緒にCBで箱根に行くのが夢です。
さおりさん、あっこさんとは高校の同級生。

6、田代晶子(vla)
ayutokio team以降すぐからの付き合いの心優しきビオラ奏者。
実はバイオリンが本業で、普段はブライダルなどでの演奏や教室での先生などをしています。プロ。
どんな要求にも応えてくれてとても感じの良いミュージシャンで本当に助けられています。さおりさんが言うには、踊ると腰の位置を誰よりも深く落とすらしいです。
さおりさん、言彦くんとは高校の同級生。



はい。ここからは更なるayUtokiO。



7、大橋伸行(ag,per)
年長組、「MISOLA」のギタリスト。
前任サポートギターryo takematsuさんからの紹介でayUtokiOにお付き合いいただくことになりました。予定調和が大嫌い、無垢なものに弱い。そして中二男児の優しき父でもあります。常にキレのある有益なアドバイスを与えてくださり、無理な要求にも楽しそうに応えてくれて本当に助けられています。今回はパーカッションも担当してくれます。
一見無口そうに見えるのですが、ときどき切れ味の鋭いナイフを突き立てるが如く、毒をぶちまけ僕を痺れさせてくれます。かつ、すごく優しい心を持った音楽家です。

8、今井KAZUYA(key)
今回最年少、「失敗しない生き方」のキーボーディスト。とても素敵な曲を書ける作曲家です。
猛烈にシャイで、とてもかわいい後輩です。とにかく一生懸命練習してくれます。自分から「あゆさんの〜〜の曲大好きです」と言った曲は全然弾けなくてかわいかったです。
チョコミント味とテンション風と渋谷系風味が好き。彼もソロ活動をじんわりと進めているようなので、気になった方はチェックしてみて下さい。DEMOでは歌う人がいないからボーカロイドを使用していて、そこもかわいい。

9、大石陽介(eg)
「カンバス」サポートギタリスト。福岡出身。
大橋さんの激推薦によって興味を持ち、お誘いした凄テクギタリストです。
一緒にやってみるとやっぱり素敵で、凄テクかつ、とにかく歌に寄り添ってくれます。福岡の人はみな、心が優しいです。そんなギターを弾いてくれたり、ときに凄テクを織り交ぜたりしてくれる素晴らしい演奏家です。絶賛演奏仕事募集中。余裕でなんでもやれます。(多分)

10、國見智子(trumpet)
最高な先輩。
「wack wack rhythm band」のメンバー。
自分は「sloppy joe」のメンバーとしての國見さんを先に知りました。その音はなんとも伸びやかで、その後「MISOLA」に参加する國見さんと三橋さんコンビを見てブチ上がり、「ホーンセクションを録音するときは絶対にこの二人にお願いしたい」と思ったのでした。天才肌。

11、三橋俊哉(tenor sax)
最高な先輩。
「wack wack rhythm band」のメンバー。
激シブなサックス本体を、年輪を感じる豊かな音で鳴らしてくれる素晴らしい方です。
多趣味&ハイセンスでとにかく尊敬の先輩です。
音源、ライブと参加していただけてとてもハッピー。

12、櫛引彩香(cho)
声も姿も心も美しいシンガーソングライター。
中学生の頃TOKYO MXでの電リクビートボックスを見てましたから、ご一緒出来るのは非常に感慨深いです。
ご自身はソロのボーカリストにも拘わらず、今回はコーラスのポジションで参加して下さいます。その懐の深さは歌にそのまま出ている気がするのです。

13、小川タカシ(cho)
素敵なポップスユニット「カンバス」のvo,gの男前な人。福岡出身。
今回「コーラスの音がバッチリはまったときの快感」を求めて引き受けて下さいました。
ギターも弾けて曲も書けて歌も上手くて格好も良い。しかも話してみると極めて温厚な方でしたから、迷わずお誘いしました。やっぱりコーラスもバッチリこなせちゃう、流石なハイスペック、櫛引さんとのコンビネーションを是非お楽しみ下さい。

※ことひこくんのみいません。


はい。一生懸命みなさんのことを紹介しました。
いい人 いい人 心 心 って、

結局音楽は「人」ですね。
にんげんだもの。






14、僕(vo,eg)

2016/7/2 原宿アストロホール是非来てください!!

イノツメ

2016/06/07

近況

こんにちは

アルバムリリースから一ヶ月ほど経とうとしています。

「新たなる解」聴いていただけましたでしょうか?
この作品にまつわる話のいくつかはインタビューなどでお話ししてきました。
ウェブ記事の場合、メディアの項目にリンクを貼ってありますので是非ご一読いただければと思います。

雑誌などにもレビューなどが載っているそうですが、いちいち人のレビューを僕から紹介するのも変な気がするので、見かけたら読んでみてください。
僕が見つけたものは、よく書いていてくれて嬉しかったです。

インタビューなどで話したこと以外にも色々感じたり思ったりしながらアルバムを作っていったんですが、時間が経つにつれだんだんと持っていた気持ちは薄れていき、今ではよく覚えていない感情も沢山あるような気もします。

いつかそういった感情やアイデアを、これらの音を聴きながらふと思い出すこともあるんでしょう、レコーディングは本当に面白いものです。
そして、そういった感情やアイデアをここに記す気持ちも今はありません。忘れちゃったから。


最近の話しを少ししようと思います。

先月から7/2のリリースイベントに向け、スタジオに入りライブの練習を重ねています。
今回のバンドは総勢14名。協力してくれるバンドのメンバーには本当に感謝しています。
凄くいいステージになると思うのでぜひ見て欲しいです。
参加メンバーの紹介はおいおいしようと思います。
共演はミツメです。
彼らとの付き合いも長くなってきました。いつも一緒にいる友達の様に仲良し というわけでもなかったのですが、ずっと大事な音楽仲間だと思っていました。
いつか共演したいと思っていたので今回僕から誘えてとても嬉しいです。

今回のライブに合わせて新グッズ製作も進めています。気に入ってくれると嬉しいな。僕は凄くいいと思っています。当たり前ですが。この話もおいおいしようと思います。

フライヤーが完成したのでばらまいています。
ライブハウス入り口でやまほどくれるフライヤーにはどれだけの念が詰まっているんだろうか。
今回デザインをしてくれたMTR(鈴木)さん、細部にも凄くこだわってくれたので手にとってながめて欲しいと思います。

他には、辻睦詞と中央電化ドクターのスタジオに入ったり、タワーレコードインストアライブのことを考えたり、ちょっと他で頼まれた作曲の作業をしたりしています。


そんな感じに過ごしています。
わいは元気です。


イノツメ

2016/05/02

7/2 new solution 3

こんにちは。
ayU tokiO 1st album 『新たなる解』リリースまであと10日程。
このリリースを記念してイベントを開催致します。



「new solution 3」
2016.7.2 sat - 原宿 ASTRO HALL
guest : ミツメ 
ticket adv 3000 / door 3500 / open 18:00 / start 18:30
info : http://www.astro-hall.com/
TEL 03-3402-3089



チケット先行販売 5/15 13:00〜5/22 20:00まで
ASTRO HALL 専用webにて http://www.astro-hall.com/ticket-pre/

一般販売 5/28〜7/1まで
WEBぴあ にて http://ticket.pia.jp/pia/event.ds?eventCd=1621870
Pコード - 298634 ※最終販売は23:59まで



ゲストアクトにミツメをお迎えします。
ayU tokiOは過去最大の人数でのパフォーマンスでみなさんをお待ちしています。
是非とも遊びにいらしてくださいませ。

いのつめ

2016/04/22

米農家の娘だからMV

こんにちは
ayU tokiO こと、猪爪東風です。


三月上旬、千葉県某田んぼにて「米農家の娘だから」MV撮影。
「犬にしても」ジャケット(その他)に続き、山川哲矢さんに撮ってもらいました。

ヤマテツくんは物静かで物腰柔らかですがとても熱いハートのある素敵な作家さんだと思います。帰り道にした話の中、ヤマテツくんの「猿は強いよ?」という言葉が今も静かに胸に響いています。
今後とも宜しくお願い致します。


米農家の娘だからMV


この曲の録音はどうだったかな。
と、思い返します。

大勢のミュージシャンに参加してもらって時間をかけて少しずつダビングしていきました。
スタジオで歌ってもらったり、家にお邪魔して吹いてもらったり、仕事場の下の階の住人にシンセサイザーを弾いてもらったりしました。
色んなところでちょこちょこ録音された音が混ざって、聞こえて、愛おしいです。
カセットのMTRで録音された音が入っていたり実は微妙に小ワザが効いているんです。
いいね。


先日のレコードストアデイに「乙女のたしなみ β/夜を照らせ β」7インチがリリースされて、
ジャケットのイラストを描いてくれたいで君からメールが来ました。
手元に届いて、手にとって眺めてみて、喜んでくれたみたい。嬉しい。
でもメールをもらった僕の方が嬉しいと思うな。わかんないけども。
とにかくβ良い出来なのでレコードショップでぜひ買って下さい。


そして、いよいよアルバム「新たなる解」の発売がすぐそこに迫ってきました。
MVの撮影したり、ラジオの収録や取材が少しあったり、ジャケットやブックレットやCDの見本が届いてチェックしたり、リリースに向けての準備が進んでいます。
音楽制作以外の事をしてみると、勝手がわからない事が多くて一つ一つ勉強だなぁと思いながら頑張っています。

とにかくもうすぐ「新たなる解」が発売するってことです。

2016/03/14

2016/5/11 1st full『新たなる解』発売します

こんにちは。

2016/5/11 ayUtokiO初のフルアルバム『新たなる解』
を発売します。

ayU tokiO『新たなる解』
2016.05.11 ON SALE / DDCB-12087 / 2,400+TAX / RELEASED BY AWDR/LR2

01. 恋する団地 [アルバム・ヴァージョン]
02. 九月の雨
03. プロムナード4D
04. 「私として、犬として」
05. 米農家の娘だから [アルバム・ヴァージョン]
06. 犬にしても [アルバム・ミックス]
07. 夜を照らせ [アルバム・ヴァージョン]
08. 乙女のたしなみ
09. ちょっと一息
10. 狐の嫁入り


ジャケットイラストはアルバムに先がけて発売される7inch「乙女のたしなみ」と同じく、画家のいでたつひろさんにお願いしました。

可愛い。まさかこんなものを描いてきてくれるとは思わなんだ。一生の宝です。
ジャケットについての話もおいおいしようと思います。


前作からもうすぐ二年。
今作「新たなる解」は完成するまでに本当に多くの人の力を借りました。
この二年で沢山の友達に出会いました。
それで、その人達を巻き込んで本当に楽しく作りました。

既に発表されている曲はリアレンジを施して、凄いです。
「恋する団地」のバージョンと聴き比べるとめちゃめちゃ面白いです。

とにかく自信作です。
聞いて下さい。

この作品にまつわる話はここでちょっとずつ話していこうかなと思ってます。

宜しくお願いします!


いのつめ

2016/03/10

#RSD

こんにちは。

気づけば前回の更新から半年くらい経ってしまいそうでした。
時間が過ぎるのは早いものです。

昨年「犬にしても」をリリースしてからは、

「辻睦詞と中央電化ドクター」というバンドに参加したり、ayUtokiO用に作った曲を一人でアレンジしたり、たまに弾き語りでライブをしたり、していました。

と、同時に着々と次回作(フルアルバム)の準備を進めていたのですよ。実はね。

4/16のレコードストアデイにリリースする
「乙女のたしなみ β / 夜を照らせ β」7インチ
は、そのフルアルバムからの先行シングルカットというわけです。

「乙女のたしなみ β」には恋のパイナップルの二人、
「夜を照らせ β」には櫛引彩香さんとKONCOS佐藤寛さん
をそれぞれゲストとして招き、メインボーカルを歌ってもらっています。

アルバム収録版とはミックス自体異なるバージョンです。ミックスエンジニアさんも本当に様々で、作業ややり取りはいつだって最高に楽しかったです。

素晴らしい出来栄えです。
ぜひ聴いて頂きたいです。

宜しくお願い致します!!


いのつめ


2015/10/22

犬にしても トレイラー CG 犬 ジャケット写真 の話

こんばんは

無事に犬にしてもレコードのトレイラーが完成し、公開されました。
今回の映像、レコ発ライブフライヤーも作ってもらった浮舌大輔(20tn!)さんにお願いしました。
そんな彼の製作した他のビデオといえば、とにかくCGがなんというか、半端じゃ無い。

恋のパイナップル/そらはみずいろ

思えば僕はこの曲の入ったCD(なりすレコードより発売されています。レーベルメイト。)にコメントを寄せました。最高の作品です。チェックしてみて下さい。

で、このMV、(ほぼ)動かない。いや、よく動くんだけども。。
狂気。

「犬にしてもトレイラー映像」でも、しっかりとこのイイ感じを味わえるはずです、大変満足です。

✴︎そして浮舌さんとの作業は引き続き「犬にしても」MV撮影にまで続いていくのですが、話が長くなりそうなのでまた今度。

〜〜〜〜〜〜〜

さて、犬にしてものジャケットの犬。

とある 心の疲れていたある晩、僕はふとリビングのテーブルの上の「世界の犬、大図鑑」(タイトル忘れた)に目をやりました。

犬はかわいい。最高です。正直、子供の頃の記憶から最近まで犬は得意でなかったのですが、見る分には本当最高です。
チワワ、ダックスフンド、柴犬、スピッツ、ポメラニアン、他。
知っているには知っている。世界には可愛い犬だらけだ。

そうしてパラパラとページをめくっているとふいに目に飛び込んできた不思議な生き物。

一見、羊のような姿をしたその犬の名前は「ベドリントンテリア」といいました。
「目があったな」と思いました。つまり、好きになったんです。

すぐに平澤さん(なりすレコード)に話をしました。
僕はどうしてもこの犬と写真が撮りたい。ジャケットにしたい。と。

めいっぱい探しました。平澤さんが。
そうこうして出会ったワンちゃんが、
「犬にしても」ジャケットの なす ちゃん(1歳 オス)だったわけです。
(その羊のような独特のカットを「ベドリントンカット」と呼ぶらしいです。)
撮影の日、優しい飼い主さんに連れられてやってきた犬は他に二匹いました。
「そら」という、同じくベドリントンテリア(毛がグレーがかっていて本当に綺麗でした)、
「るっち」という、キディランドに並んでそうな本当に人形のようにふっかふかの茶色いトイプードル、
ファンシー という言葉には「動物愛好」的な意味があるとか無いとか。

✴︎そしてそらと他二匹との作業は引き続き「犬にしても」MV撮影にまで続いていくのですが、話が長くなりそうなのでまた今度。

そんなジャケットの写真を撮ってくれたのは 山川哲矢氏。

〜〜〜〜〜〜〜

やまてつくんとの出会いは僕がthe chef cooks meに入って活動していた時でした。
「アー写」なんてものちゃんと撮ったことの無かった僕は感激しました。
撮ってもらったものを見て、良い写真だなーって。(ネットで検索してみて下さい。どっかに残ってるかも。)
「自分もいつか」なんて思っていたので今回撮影してもらえて本当に嬉しいです。

✴︎そしてやまてつくんとの作業は引き続き「犬にしても」MV撮影にまで続いていくのですが、話が長くなりそうなのでまた今度。



多くの作品がそうであるように「犬にしても」もまた、一つ一つの作業がなかなか味わい深いストーリーを持って世に送り出されていくわけですね。何卒宜しくお願いします。

ライブ来てね。



ayU tokiO7インチEP「犬にしても」発売記念ライヴ
「new solution 2」2015.11.3(火/祝)
恵比寿CreAto http://www.creato.bz/
出演:ayU tokiO開場 18:30 開演 19:30
前売:3000円(+D代) 当日:3500円(+D代)


メール予約受付中 ayu4155@msn.com

よろしくお願いしますー!

猪爪

2015/10/15

レコード「犬にしても」についての話

こんにちは

レコード「犬にしても」の発売まで、あと二週間ほどです。

前作の「恋する団地」をリリースしてからずいぶんのんびりしていて、作曲も作詞もほとんどせずにいました。
ライブをしたり、本を読んだり、音楽を聴いたり。
仕事したり、人と話したり、欲しいものがあればそれについてかなりしつこく調べたり。
という風に日々を過ごしていたら気づけば一年以上リリースが空いてしまってました。(その間、アナログ版のリリースをさせてもらいました。)
ハイペースな活動を続ける友人達を本当に尊敬します。
音楽作るのは大変だし、レコーディングもなかなか大変です。
そしてそれをリリースするまでも一苦労だし、ライブだって一回ずつ色々と大変です。

ーーーー

世の中は目まぐるしく変わっていきます。
僕は音楽を聴くのも作るのも演奏するのも大好きです。
大好きなものを形に残す作業、生きていれば普通に気にするようなあらゆる流れと関係なく大事にやるべきだと、僕なりに良いやり方を考えました。
(「流れ」も好きです。)

プロフェッショナルな仕事にはいつだって憧れていたい。
アマチュアの持つわくわく感とはいつまでもそばにいたい。

そんな事を思いながら今回のレコーディングは自分でやってみる事にしました。
核となるレコーディング機材には、ある時代のいわゆる「宅レコ」仕様のハイグレードランクと言えるような物をチョイスしました。
という訳で、今作は全体的に「宅レコ」のマインドで行われています。

「便利」とは素晴らしい事ですが、僕の素朴な世の中全体への願いを全て吹き飛ばしてしまいかねない。
ちょっとくらい不便な方が気づく事も多いだろうと思います。
勿論、便利に生きていればそれはそれで沢山の事に気づく訳ですけど。
僕の場合は多くの物に関して、過程にこそ興味があるというか。

しかし僕は結構なまけものでもあるので、ちょっとくらいは「便利」な方が良いかもしれないなと、今回のレコーディングが終わる頃思いました。
そしてミックス&マスタリングは前作ではマスタリングをお願いした佐藤さん(micro star)に、お願いしました。佐藤さんはアマからプロまでの感覚を持ち合わせた本当に素晴らしい方です。

ーーーー

さて、今回収録されている「犬にしても」という曲は今披露できる曲の中で一番新しい曲です。
なんだかんだ僕なりに色々思うこともあったここ一年、最新の思いを歌詞などにも込めました。

リリースはなりすレコードから。
カバー曲は付き合いが長くなってきた平澤さんのところから、アナログレコードでリリースできる感謝として選曲しました。
平澤さんとの話はいつも面白いです。それこそアマだかプロだか分からない人ですが、とにかく面白い。

今作「犬にしても」ボーカルはいつもサポートキーボードとしてお世話になっているmaxにお願いしました。(僕も他の曲で歌っています。)
これも平澤さんと僕の中での盛り上がりというか、そんな感じです。
彼女は無類の犬好きであり、この曲を歌いつつ遠く離れた実家の犬を思うそうです。どうもありがとう。

サポートメンバー達はいつも僕の話を聞いてくれて本当に気の良い人達です。
今回も楽しいレコーディングでした。

以上


ayU tokiO7インチEP「犬にしても」発売記念ライヴ
「new solution 2」
2015.11.3(火/祝)
恵比寿CreAto http://www.creato.bz/

出演:ayU tokiO
開場 18:30 開演 19:30


前売:3000円(+D代) 当日:3500円(+D代)


みなさまおいで下さい。
2015/10/15よりメール予約を開始します。
まで!!

猪爪

2015/09/30

NEW TELEPORTATION 0について

こんにちは。

先日の山田稔明さんとのココナッツディスク吉祥寺店でのインストアイベントにて、ayUtokiOの音源&グッズ購入特典として配布していた「NEW TELEPORTATION 0」を、

・ayUtokiOライブ会場物販
・ココナッツディスク吉祥寺店(店頭のみ)
・SOULMINE Mega Mart(通販のみ) http://soulmine.jp/?pid=94067073

にて10/10より、販売致します。
価格 ¥1000 也。 数量極少数。


さて、今回はこのカセット作品についてお話しします。

シリーズ化しているカセットテープ作品「NEW TELEPORTATION」ですが、
この第一作目を制作するにあたってのテーマは「80年代のデモテープ」というものでした。
機材も80年代から90年代半ばの物を集めてきて、
2011年頃、自宅でカセットテープ8トラックMTRで、どのトラックに何の音を入れたかノートにメモしながらせっせとレコーディングしました。テープは伸びるし切れるし、大変でした。
前にも書いたかも知れないけど、なぜそんな事したかって、そんなの「DEMOテープ」がクールな作品で、その時期よく目にしていた「CD-R作品」がちっともクールじゃないと感じたからです。で、それらを「並べて売っちゃえ」と思いました。

第二作目「NEW TELEPORTAION2」は、その曲らを今度はストリングスなどのアレンジを施し、2年前にクールじゃないと感じた「96年以降の宅レコ」でクールにやり直してみよう。と思ってYAMAHA AW2400という録音機材を使って録音したものです。
なんでそんな事したかって、96年以降の実機による宅レコにロマンを感じ始めたからです。
ROLAND VSシリーズの登場によって時代が変わった(メジャーレコード会社に送られてくるデモのクオリティが上がった)という、そんな話を耳にしてハートが燃えた感じがしました。(totosのroom mateというアルバムの制作話にも後押しされました。)
お世話になっていたtotosけんじさんの「ハモンスタジオ」という猫の二匹いるスタジオにこもって毎日作業しました。デジタルになって色々便利になったとはいえやはりMTR実機は重くて運ぶの大変だなーと思いました。

録音だけに限った事ではないと思いますが、存在する(した)文化には必ずその時代の「事情」があるのだと思います。
そういうのが良いな、と思います。気になるのはいつだって「事情」。
僕がよく気にするのは「録音の事情」。

そして今回の「NEW TELEPORTATION 0」がどんなものかというと、
2009年頃の「事情」というか雰囲気が無邪気に放り込まれたとてもデモらしいものです。変に肩の力の一切入ってないアレンジ、録音。
曲を作るときにはノートがあり、そのノートはこの場合garagebandというdawソフトでした。ノートというか、メモとも言える。

そんなメモを気にする奇特な方もいらっしゃる訳で、それがココナッツディスク吉祥寺店の某店員さんと、そもそもそんなデモ音源をきっかけに僕を発見してくれたSUBURBIA WORKSのアキラ君でした。

という訳で販売はココナッツディスク吉祥寺店、アキラ君の新しく始めたSOULMINEのみとしました。そういう感じの作品なのです。(デザインはアキラ君によるもの。ココナッツディスクカラー)

とにもかくにもこれを経て、今日の僕がいる訳ですから覗いてみて欲しいような欲しくないような、で、やっぱり売ることにしました。
どうぞ宜しくお願いします。


猪爪