投稿

1/19 WWMM、たつきさん、MTRとデモ

イメージ
WWMMでのSaToA2020年ライブはじまりでした。

楽しかったです。
SaToAのみなさま、今年もよろしく。

前日まで毎週末顔を合わせていたバンドメンバーのようじろうとまさとくんがいて、それはなんとも言えぬ感じ。





今週末はたつきさんの曲を演奏しに、昨年に続き同じメンバーで京都へ。 ようじろうとの感じがなんとも言えない。なんとも言えぬ感じの中でベースの弦を弾くのです。 本当は演奏中ようじろうの顔をもう少し確認したいところではあるのだけど、今日の練習でも余裕がなかった笑 とにかくスタジオで音を合わせているときはとても楽しかった。ベースって楽しいね、、
よく、「曲が良い」とかいう漠然とした褒め方を耳にするけど、たつきさんの音楽はまさにそれです。全ての曲が、良さに溢れます。
となると、楽器の演奏はとても楽しいものです。
週末楽しみです。

~~~~~

こつこつ続けているMTRを使ってのレコーディングがミックス段階に入ってきて、そのミックス作業まで今回はパソコンでなく録音した大きなMTRの中だけで全部完結させようと思ってます。
セミプロ向けのデジタルMTR製品を各楽器メーカーが力強くリリースしていた時代はとても短いものであったと、とある先輩から聞きました。 あっという間にPCでの録音環境が整備されてしまったためであると思います。
あらゆる面でプロでもなくアマでもないような、そういうバランスを有する存在におあつらえ向きな独特な雰囲気の機材の淘汰(とも言える気がする。)は、決定的に制作の多様性の道を一つ閉ざしたのではないかと思います。

昔の録音制作環境の話を聞くのがとても好きです。 みなさん「昔はそれしか無かったから、そうしていた。そうするしかなかった。」という風におっしゃるのですが、創意工夫の層の厚みに触れると気が遠くなります。
この時代のインディーズ作品やメジャー作品の「demoトラック」はかなり貴重なんじゃないでしょうか?どうなの?

多様性2020年なので、制作環境の根幹部から選択していくのも良いんじゃないかなと思います。 2020そういう贅沢。
そして、この文章は初めてスマホで作成しています。 非常に、やりづらい。
これはこれで、文が少し、変わります。
制作環境の変化とは「そういうこと」であります。

1/15 レコーディングとモニター①

あっという間に新年も二週間過ぎました。ほんと、あっという間です。
年始からだいたい同じスタジオで様々な録音やミックスの作業をしてました。 年始というかこの状態は昨年からずーっと続いています。そしてまだ続きます。
同じ部屋でいろんな人たちとレコーディング作業をしていて思うのは、 まず、それぞれに良いテイクを繰り出すタイミングやテンポ感が違くて、それを乱してしまうようなオペレーションではいけないということ。これは当たり前のこと。
モニター環境をさっと作り、整えて、演奏者脇のキューボックスへ送り出すのを、 バーガーショップの店員がさささっとハンバーガーを組み立て、包み紙に来るんで向こう側へ滑らせるごとく的確にこなすのはレコーディングスタジオでの作業の基本の「き」くらいの感じかなと思います。

モニター、モニター、

何が聞こえるか はどんなときも演奏者においてとても重要なことです。
「ガイド」であり、それ以上の「ヒント」にもなるんだと思います。 モニター環境から音楽を作る、と。この辺りしっかり意識していきたいと思います。

いろんな音がごちゃごちゃ鳴っていますからね。音楽は大変です。


昨年から制作に取り掛かっているいくつかの作品については近いうちにしっかりとお伝えできると思います。
良い感じです。

1/1 2019年末〜2020年の気持ち

イメージ
あけましておめでとうございます。

昨日まで続いた藤原さくらさんの「Twilight Tour」も完結し、どかっと肩の荷が降りた気持ちです。

どったんばったんと忙しい日々のなか、どうにかこうにか最後まで風邪もひかず生きながらえることが出来ました。

このツアーにオレを誘い、バンマスとして踏ん張りを効かせ続けたようじろう、お疲れさま。
どどどどどどインディ根性の人であるオレを今回の舞台に連れて来たという、そのことこそがようじろうとしてのどどどどどどすこドラマー根性としての最初のTwilightであったのだと、旅の途中で度々再生致しました。

立志編
楽曲アレンジ編
お機材ご購入編
激お稽古編
おツアー編Ⅰ(前編)
おツアー編Ⅱ(おサポートの、おトラ様登場編)
録音編
おツアー編Ⅲ(後編)

といった感じで、バンド内の流行語も変わっていくし、オレ個人としての流行りも大いなる流れ(マギ)に出たり入ったりでみんな髪伸びたり縮んだりでした。いやほんとお疲れさん。
年始からたつきさんのバンドで一時オレがベース、ようじろうドラムの謎コンビネーションを再びやってまいります。2020年もよろしく。



すどどどどdぺぺpすととベースのどどどどどヤンキー根性のまさとくんとは初めての共同作業の日々でしたので、まじでどんなやつなのかわからないところから少しずつ輪郭を捉えていく日々でした。同い年。


よく笑う良い奴でした。
そしてまたその笑い声が耳に残るんだな、、
しばらくはふと思い出してつられて笑ってしまいそうです。

まさとくんはいわゆる「リフ」を作るのが得意な人で、マジ歌と鼻歌の間くらいの感じでメロディを鳴らしたり、音楽もそういう感じで聞いたりしているんじゃないかななんて思いました。
非常に独特のセンスと、好奇心と勇気がそのまま彼のアイデアとして今回のバンドサウンドに入り込んでいたように思います。

そしてそのまさとくんらしさはこの先そっくりそのまま彼の音楽にびしびし反映させていって欲しいなと思いました。

昨日ライブ後に「あゆくんと前話したじゃん?」と、ツアー始まる前に二人でした話の続きをまさとくんがしてくれたとき、涙出そうになるくらい嬉しかった。
う◉この話と一緒に流れてっちゃったかと思ったよ、、

とにかく彼の次のご購入アイテムがオレは楽しみです。人の買い物はこの世における至高のエンタメです。



と言…

12/26 東京「藤原さくら Twilight Tour」

このツアーの本編最終日 福島 が終わり、年末調整GIGが終わり、
残すところ、 12/28台風で延期となった沖縄振替公演、 12/30追加公演の渋谷WWW Xさくらちゃんの誕生パーティー的なやつ、 そして12/31のCDJのみとなりました。
色々なものを自分なりに乗り越えてみなさんとこのツアーやってきましたが、もう一週間後には全部終わっていて今年も終わっていて、 東京2020オリンピック😭が目前です。。。。 (1/1 済)


12/29にはayU tokiOとやなぎさわまちこの出演する下北沢でのライブもあります。 メンバーはどちらも オレgt・まちこkey・さとるくんba・げんさんdrの四人です。 アレンジによって曲は広がり、、、さらに演奏者により広がり、、、
日々精進であります、、、 (1/1 済)
年末エモがあったので練習の時にいつもよりも色々話をしました。 当たり前なことなんですが、シンセサイザーやエレキギターなんかの音色のセレクトや作り込みはぼんやりしたイメージだけでなく、リズムからくる具体的というか実際的なムードにまで関わってくるものだということを意識して取り組んだ方が良さそうであります。 合奏で音を鳴らすもの全部そうなんですけど。特に長さに絡むことは全部そうかなと思います。

空気に敏感に、楽しくすごすベースのさとるくんの勇敢さと実際のプレイの実力は本当にコミュ力あるなぁと思いました。今年もお世話になりました🙇‍♂️
アレンジ イズ コミュニケーション、、、 (1/1 済)

12/13 神戸「藤原さくら Twilight Tour」

前回の更新がついさっき済んだところなのですが、続けて忘れないように記します。
先ほど神戸から車で移動し福岡に到着後、「遊撃手」を取り扱っていただいている六本松のツタヤに挨拶に行ってきました。

一枚だけLPが残っていたので売れますようにという念とともに大きくサインを書いて来ました。
福岡の方、よろしくお願いします。



長野から帰ってからの日々を思い返します。

12/3
東京に帰りSaToAのライブ。
今年はたくさん五人でライブしました。
来年も楽しみにしてます。
よく、「〜〜〜のときの〜〜〜が良かった」という話を聞きます。
自分の感覚を信用して好きなようにやったほうがいい気がします。
特に音楽なんて先の保証なんて一つもないから、誰かのための正解なんて探さないで自分の好きなことを捕まえていたほうが幸せです。
俺は本当にそう思います。
責任を負う覚悟だけはどの立場で何をするにしても必要です。
というか、それが出来ないうちは実は本当に楽しむことは出来ないのかもしれないなと思います。



12/4
クマに鈴のレコーディングをしていました。
クマに鈴はレオくんときょうちゃんの二人組ですが、今回のレコーディングにはドラムベースマンドリンに『虫のしらせ』http://mushi.webcrow.jp/index-m.htmというバンドの三人を迎えてのレコーディングでした。
キーボードはやなぎさわまちこ、エレキギターは俺。
2曲を繋いで1曲とする ということでつまり2曲録音したんですが、どちらもとてもよく出来ています。
レオくんもきょうちゃんもクセの凄まじい人たちだけど、やっぱり音楽やってるときに楽しすぎるので大好きです。
そのどうしようもなさみたいな部分が見事にプラス方向で音楽として形になっていくのが面白く、さらに良くなるように手伝いをしたくて最近は彼らのライブにも参加しています。
今回はじめて彼らのレコーディングをしたのですが、やはり断然「作る派」の人たちだなと思いました。

音楽をやる上でのコミュニケーションに曖昧な部分がある場所は大体たいしたものは産まれなかったりするのですが、それぞれの演奏者が言葉数が少なく不器用ながらもこの日のコミュニケーションはとても明快であったように感じました。
こういう日をたくさん過ごしたいなと思いました。



12/8
2017年に「どう?」というアルバムを…

12/2 石川長野「藤原さくら Twilight Tour」

イメージ
先週はまさとくんに代わってミツメからナカヤーンが、
今週はようじろうに代わってカムバックからジマさんがバンドに参加しての公演でした。

よく笑い、よく演奏しました。

リズムセクションが変わると色々と変わるのは当然のことなんですが、やっぱりこういうのは楽しいです。

ジマさんとは数年ぶりに一緒に演奏しました。
そういうのもよかったです。



先日、カジさんとホリエさんのドッツアンドボーダーズのライブにまちこちゃんとゲンさんが参加するとのことで友人らと遊びに行きました。

ライブが終わってから大橋さんが来て、堀江さん達と色々話しました。
それが本当に良い時間でした。



ユーチューブのあっちゃん大学が面白くて、宗教や政治のことを見ていると、
どの世界も同じようなプロセスで盛り上がったり、ダメになったり、盛り下がったりするんだなと感じました。

ムーブメントになる頃には当初の動機は大体なくなってしまうもので、それは本当に残念なことです。



だいぶまとまって来たので、さくらちゃんのツアーで使用中の機材について少し触れます。


fender の THE STRAT と
KAY のセミアコです。

THE STRAT はストラトの中でもストラトなギターですが、色々ずれててそれがすごく好きです。ゴールドパーツで高級機種らしい感じがします。
1ボリューム 2トーンではなく、一番後ろのつまみはスイッチになっていてピックアップの組み合わせがめちゃめちゃな感じになります。

これが使いづらいので、買った時は前のオーナーに普通のトーンに改造されてましたが自分で直しました。

KAYのギターは家族の結婚式でハワイにいった時、とある経緯で購入したものです。
あらゆる部位に手を入れてビグスビーを載せました。
このギターはSaToAのライブでもよく使っています。

セミアコ構造のものでもハウリングの具合はそれぞれ違うもので、高音がミーミーいうものや、低音がモーモーいうものがありますが、自分は以前よく使っていたヤマハのSA30というギターの低音がモーモーいう感じの方が良いなと思っています。
でも長く使っているうちにだんだんとKAYのギターも好きになって来ました。




アンプです。
オレンジのad30というもので、ビンテージというほどではないですが、もはや90年代のものもビンテージとも言えるのでしょうか。
このツアーではキャビネッ…

11/25 京都大阪「藤原さくら Twilight Tour」

まさとくんはカムバックマイドーターのツアーで来れなかったため、今回のみベースにミツメのナカヤーンを加えての関西2公演が終わり、帰ってきました。
自分は一度行ってみたかった京都の磔磔に行けてとても嬉しかったです。

リハーサルが終わってからダッシュで京都のコイズミという民族楽器屋さんに行き、
思うところあって、エジプトのタンバリン「レク」とモロッコの陶器でできているボンゴっぽい「ダルボカ」という太鼓などを買い込んで来ました。
昔は本当に民族楽器的なものの響というかその存在自体不可解すぎて生理的に無理だったんですけど、人間って変わるものですね。
ちょっと色々やってみます。

いやはやそれにしてもナカヤーンお疲れ様でした。



東京から出発の日の朝めっちゃ寒かったので気持ちが年末らしいモードが雰囲気になってきました。
12/28~31まで毎日ライブをすることになり、これまでになくなかなかライブミュージシャンらしい感じです。

現在製作中の音源の方もじわじわと完成に近づいている感もあり、現在のさまざまな音楽活動状況がそれぞれの場所で鳴らす音に少しずつ関係しあっているのを感じます。

そしてこれだけライブをやっていると流石に、自分なりにライブについての考え方も少しずつ明確になっていきます。忘れないうちに誰かに会って話したいなぁと思います。

そして、それによって自分がやりたいことがふつふつ湧いてきているところです。
それは来年トライするとして。



大阪からの帰りの移動中ずっとベランダのAnywhere You Likeという去年出た作品を聞いてました。
中でも特に「(ever)lightgreen」という曲がテンポ的にその時の自分にすごく合っていたのでリピートして聞いてました。
https://music.apple.com/jp/album/ever-lightgreen/1370375983?i=1370375999

のぼって のぼって
オンコード から
「誰でも良いから」
「連れ出して 欲しい」で
今度は 落ちていく時に感じる風景の彼女には明確な誰かを思っているように感じられました。

だいたいその良いところのあたりでなんとなく一瞬意識が飛んで夢の中に入ったりして、イメージがブレたことが悔しくなり、アウトロの4,4,2の変拍子の上がったり下がったりするギターリフになんども引っかかり、終わ…