2017/02/18

Predawnと俺

昨年、外出先でラジオを聞いていたら彼女が出演していました。
新作のプロモーション中だったのでしょう。

可笑しいトークが終わって、後に流れてきた音楽の美しさに感激してすぐに「Absence」のCDを手に入れました。

自宅のステレオで聞いてみると、録音されている音の一つ一つがすごく丁寧に仕上げられているように感じてさらに感激しました。

特に僕は、5曲目の[Sigh]という曲の後半で聞こえる管楽器の音がとてもとても好きです。

のびのび、のんびり、ゆったりと流れる音色。そして、人懐こい音程感。
音色とはまた別の意味での、じんわり感じる録音の質感。

ブックレットのクレジットを見てみると、どうやらいくつかの音は[Studio Pokhara]という場所で彼女自身の手により演奏、録音されているようなのですが、果たして。



-----



今回の[new solution4]開催にあたって、totosの深水さんと話をする中で「ゲストアクトをつけてはどうか?」というアイデアが出た時、
僕は迷わずにPredawnの名を挙げました。

今回、共演が決まってとても嬉しいです。

[new solution 4]のテーマの一つは「オーディナリー感」です。(借用)
いつも、音楽は、いいよね〜♪

いいものはいつでもいいってことです!




2017/02/13

ハッピーバレンタイン🍫

こんばんは

明日2/14は、バレンタインデーであると同時に、

[new solution 4]の前売りチケット発売開始です!!

が、しかし
肝心要の[Special Flexi Ticket]が日本に届いていないのであります。


すいません。
現在海の向こうで絶賛プレス中です!

日本に届き、そして取扱店各店に届き次第またこちらからご案内させて頂きますので宜しくお願い致します。


が、しかし
ぴあ&ロッピーでは明日から通常の前売りチケットは手に入るので、そちらで通常前売りチケットを購入されることも猛烈にオススメ致します。

ぴあ&ロッピーにて通常前売りチケットをご購入された方には当日、
会場受付にて[Special Flexi Ticket]をお渡し致します。

宜しくお願い致します。


なお、ごく当たり前のことなのですが、[Special Flexi Ticket]はあくまで、

「入場チケット」

です。

イベントには入場者数に限りがあり、
入場者数が定数に達すれば[音源作品]としては即廃盤ということであります。


宜しくお願い致します✨

2017/01/28

totosと俺

3/20に共演するtotosというバンドと僕との付き合いは10年ほどになります。

少しお話ししましょう。




10年ほど前、僕が20歳くらいの頃。
専門学校の後輩がThe Monmonsというバンドに入ることになって(ヒデヤス ex-ACC jr.)、そのバンドがGood Girls Don't ! Neoというコンピレーションアルバムに参加することになったので、悔しかったけどそのCDを買ったんです。
このコンピには他にも、
ナポリタンズ(ex-GAIJIN)、尾苗愛(現POLTA)、Weezie And Moelies、Hazel Nuts Chocolate、
そして、totosなどが参加していました。

で、その頃僕が一生懸命やっていたthe commitmentsというバンドの三人とも特にメロメロになっちゃったのは、この中ではナポリタンズというバンドだったんですけど、ナポリタンズのボーカルのヒカルさんが、パワーポップと言われるような音楽が好きという話で、それに引っ張られるように、僕もthe commitmentsの他の人達も、「パワーポップと言われるような音楽、聞いてみよっかな♪」みたいな。青春。

程なくしてTHIS TIMEからリリースされたOk!Powerpopという、ズバリなネーミングのコンピレーションを手に入れると、一曲目にtotos

で、このコンピの中のThe Wellingtonsが気に入って、The Wellingtonsのジャパンツアーに遊びに行きました。
シェルターだったかな、で、サポートアクトにtotos

時同じくして、ふらっと入った渋谷のHMVで展開中のtotos。タワレコにもtotos

こうしてサブリミナル効果的な感じでtotosがなんだか好きになっていったのでした。


しかし、初めて見たtotosのライブには本当に衝撃を受けました。

鳴らしているのは人の良さそうな音楽なのに、ヤカラ感のある三人のフロントマン(ウーマン)
深水光洋、タムラケンジ(ex-totos)、u-co(ex-totos)の感じがとっても斬新だったのです。


totosはその時からずーっとcoolなのです。
メンバーが変わっても、ずーっとcoolなのです。


とにかく、馬の骨っころだった頃からずーっと好きなバンドです。


その後、縁が縁で、ex-totosのケンジさんが経営するhamonスタジオの上の謎の小部屋を間借りしてしばらくの間楽器修理の仕事をしたりして、公私(?)ともにお世話になる関係に発展。

この度ついに楽曲プロデュース&初共演となったわけです。
名実ともに(?)、公私(?)ともにお世話になる関係に発展したのです。

喜ばしいです。
誠に。

 

ぜひ遊びに来てください◎

2017/01/20

3/20 new solution 4

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。





春にイベントを開催致します。






共演は、
大好きなギターポップバンド totos
更には、
ゲスト・アクトにシンガーソングライター Predawn を迎えてお送り致します。






「new solution 4」
2017.3.20 mon - 渋谷 O-nest
w / totos
Guest : Predawn 
ticket adv 3000 / door 3500 / open 18:30 / start 19:00
TEL 03-3462-4420




チケット先行販売 1/21 10:00〜

一般販売 2/14〜3/19まで
ぴあ http://t.pia.jp/ Pコード 321-700 
ローソン http://l-tike.com/ Lコード 76120
にて
※最終販売は23:59まで


ayU tokiO新体制により新曲も披露予定。
よろしくお願い致します!!!



そして大きなお知らせがもう一つ。



今回
入場チケットを、

「special flexi ticket」

としてソノシートに印字して販売することにしました。
多分、業界初。
ターンテーブルで回すと音が出るチケットというものです。

↓ ↓ ↓



こちらの「special flexi ticket」を、
2/中旬から、

・ココナッツディスク吉祥寺店
・ディスクユニオン下北沢店
・SIS(渋谷)
・ファンシーショップむくむく(南浦和)
・えるえふる(新代田)
・Noahlewis Records(下北沢)

にて、数量限定で店頭販売致します。

もちろん通常のチケット発券機での購入や、メール予約での受付も行います。
そんな方には、公演日当日、受付にて「special flexi ticket」をお渡し致します。


このソノシート・チケットにはayUtokiOからtotosへの思いがてんこ盛りに詰まった音源が収録されています。
無論、totosからayUtokiOへの思いも詰まっているものと思われます!

楽曲は、
Aside Pink Sunday / ayU tokiO (totos cover)
Bside Too Late / totos (ayU tokiO mix)
の二曲です。

当然、3/20「new solution4」当日のハイライトになりうる可能性大です。
ぜひとも店頭で入手し、音源を聴いて、3/20に備えてくださいね!


※あくまで「special flexi ticket」は3/20公演の『チケット』です。
音源のみ目的での購入を検討されていらっしゃる方に向けては後ほど別の入手方法を検討致しますので、
首をながーーー~ーーーーーくして待っててくださいね(2曲で3000円は高価過ぎると思います。)

以上

1月吉日 ayUtokiO/猪爪東風

2016/12/31

12/31

こんばんは

2016年も残りあとわずかです。

4月に「乙女のたしなみ/夜を照らせ」の7inchをリリースした後、
5月には1stフルアルバム「新たなる解」のリリースがありました。
7月には作品のリリースパーティーを行いました。
自分のこれまでの音楽生活の集大成的な活動でしたから、とても気合が入りました。

「1stアルバムは、それまでのベストアルバム」という友人の言葉。
どのミュージシャンにもそんな経験があるのかもしれません。
自分は今年で30歳、蓄積は割と膨らんでいました。
これまでに知った色んなものやことが、自分の思うに、好ましい形で作品になったと思います。

自信を持って「コミュ力」のある作品を繰り出せたと思うので、すごく満足しています。
わかりづらいっぽい自分に力を貸してくれた大勢の人にとにかく感謝しています。
まだまだ多くの人に自分の内面に触れてみて欲しいと思います。
自分にとって、音楽活動って割とそういうものなのかなって最近思うようになりました。

「人は変わるから」という友人の言葉。
「仲良い時が仲良し」という先輩の言葉。
社会とコミュニケーションをとります。おしたりひいたりバランスはその時々。
かっこ悪くはなりたくないけど、かっこ悪いものにこそ面白いものは沢山あります。



7月以降、リリース一連の活動の後、すぐさま新たな構想を。そしてゆっくりと新たなライブ活動を行うなどをしました。今、面白くてしょうがないです。
ムーンライダーズの楽曲のアレンジ&recはとても良く出来たなと思っています。
その他、恋のパイナップルや辻睦詞と中央電化ドクターでのギター演奏も少し。
12月は友人のバンドの曲のアレンジ&プロデュースもやらせてもらいましたが、この話の詳しくは年越したらしっかりします。

今年も本当にお世話になりました。いろいろとても楽しかったです!!
来年はとにかくギター戦国武将の一角として、あんまり弾かないギターなんですけど一生懸命弾かない方向で気持ち込めて頑張ります!もう自分に嘘をつかないでどんな時もアンプ持ち込みます!

「来年こそ」っていつも思うんですけど、一生懸命ブログ更新してこうと思うので、宜しくお願いします!!

近々いろいろとおしらせありますので宜しくお願いします!!
良いお年を!!!

2016/11/07

11/3

こんばんは

去年の11/3レコードの日にリリースした7インチシングル

「犬にしても」

のmvを公開しました。


mvを製作してくれたのは浮舌(フジタ)さん。
彼には[new solution][new solution2]のフライヤー、7インチ「犬にしても」のデザインもやってもらいました。

ここ数年のご近所の縁、いつまでも大事にしていきたいと思います。

2016/10/27

10/27

こんばんは

今年の7月に行ったライブの映像を公開しました!

「air check」
「乙女のたしなみ」
「恋する団地」

の三曲分です。

映像を作ってくれたのは たけうちんぐ(@takeuching)さん。
お世話になってます!
歌詞も入っているのでそこのところも宜しくお願いします。

air check

乙女のたしなみ

恋する団地

大所帯でのライブ活動はこの日をもってアレにしてますけど、またいつか✨





最近は多摩動物園に行ったりしました。
アジアのどこかの山にいるっぽい、牛っぽい動物が金色に輝いていて大変神々しかったです。
あと、レッサーパンダが愛くるしかったです。
ハイになって撮りまくった動物の画像や映像をいっぱいsnsに投稿してみたらレッサーパンダのいいね!がちょい多めだったのでやっぱみんなレッサーパンダ好きだよなって思って最高でした。
でも金の牛は最高だから是非お時間あるときに会いに行ってみてください。

そんなわけで動物の事結構好きになってた自分を感じていい気分になりましたが、
鳥エリアの悪臭は全然ダメで、やっぱ鳥は可愛くなかったです。





さて、ayUtokiO的には構想三年って感じで、いつになるやらですがアイデア爆裂で頑張ります。
恋のパイナップル活動補佐αや、辻睦詞と中央電化ドクター活動補佐δ及びβγ、その他活動補佐σ&プロデュース活動などは自分にとってかなりの重要事項でありますから、帯を締めて頑張ります。
とにかく、ayUtokiOのみならず来年は頑張ってギターを弾こうという気合いで構想三年なので、これを見た関係者各位様、イベンター各位様は僕宛にメッセージをください。
エレキ一本及び、他多くの要素でのご提案をさせて下さい。

時代はエレキです。とにかく。

2016/10/20

十月になりました

こんばんは

もうすぐ「犬にしても」のリリースから一年です。
早いものです。

10才の頃は20才が遠かったけど、20才からの30才はあっという間でした。
姿もあまり変わりませんし、考えてることもあまり変わりがないように感じます。
やれることが増えたというよりかは、やることが増えたという感じで、
むしろやれないことは昔よりも増えた気がします。
やれないことが分かって、少しずつ自分という人間の形をはっきりと捉えることが出来るようになった気がしますが、それもどうだかわかりません。


年の離れた友人から電話がありました。
元気そうな声が聞こえて、近々うちに遊びに来るそうだから色々と話が出来たら嬉しい。
彼と話す時、未だに僕はどんな人間でいたらいいのか分かりません。
どんな人間でいられるかも分かりません。
ただ、上手に話を聞いてあげられたら良いなとだけいつも思っています。

最近、興味のある機材のことをインターネットで調べていたら日本のサイトだけでは足りなくなることが多くなってきました。
そしてアメリカに思いを馳せます。
グーグルマップで目当てのショップの位置にマークをつけて、自分の家からの距離を測ります。
その気になれば丸二日もあれば辿り着けるでしょう。

そしてサンフランシスコの友人を思います。
フェイスブックからメッセージを送ります。
話したいことは沢山あるけど英語は得意でないので言葉はどれもとても簡単なものになってしまいます。
「sounds good」
僕も真似をして同じ言葉で返します。

とりあえず
今 どこで 何をしてるかだけ聞ければ僕たちが繋がっている意味はあると思います。
元気そうで何よりでした。

「元気でいることじゃな」
年の離れた友人が言ってくれたことがあります。
言葉だけじゃなく、住む町と時代が人と人の関係を決めることもあるかもしれません。
毎日フェイスブックで繋がっていても、一本の電話にかなわないこともあり
一本の電話よりも、ひととき合って話すことが大事なこともあり
会って話さなくとも、一枚の写真が時間も越えて繋ぐこともあるかもしれないなと思います。


2016/09/16

九月になりました。

こんばんは

前回のライブから早くも二ヶ月ほど経ちました。
この間、次回の作品や日常生活の為のアイデアを練ったりして過ごしていました。

ライブは誘いのあったものに少しだけ。

と、そんなライブの一つに先日の下北沢での「HEY SUBURBIA 40」がありました。
これは僕の初作品である「NEW TELEPORTATION」をリリースした「SUBURBIA WORKS」というレーベルのイベントです。10周年とのことです。

このレーベルはいわゆるパンク系のレーベルだと思います。
僕もパンクだから仲が良いのです。良くわかりませんけど。

パンクってなんだろうか。その精神ってなんだろうか。
なんぞ?

とにかく、そのパンク・な・イベントがかなり良かったです。

ふわふわのポメラニアンが好きだし、緑いっぱいの森にひっそりと暮らすリスの家族が好きです。
そして超合金ロボやメカに刺すオイルの匂い、なにせアイアンの質感が好きな僕です。

どこにだって気の合う人もいる。

それで、改めて思ったのは、
どこにでも同じ目の色の人がいるということ。
似てるけどその実、似ても似つかないカスも確かにいるということ。
決め手はまだありませんが、だんだん分かってきました。

カテゴリー分けは差別的な意味を考えると抵抗が無いわけじゃないけど、自分を知る為に相手を、または身の周りの全てをよく見てその一つ一つに自分なりの答えを持つこと。

やるべきことはいつもどこでも変わらないのです。

で、どこでも言ってることもやってることもあんま変わらないでいると面白いのが、数年前はコミットしなかった人物に、別な世界の視点を持ってコミット出来るということ。

とにかくアキラ君、10周年おめでとうございます。お呼びいただき光栄至極でありました。僕もNEJIかもしれないです。いつかはかっこいい超合金ロボの一部になりたいものです。

そんなわけで、ノスタルジック大好きっ子として、この日はちょっと昔を振り返ってみる気もあったんですけど、割と現在進行形だなと思いました。だから力入って若干疲れるっていうか。。。
しかし、人間同士、付き合いからは降りられないんだな。


そして、心機一転「新たなる解」以降の音楽の模索に取り掛かるのでした。

ありがたいことに現在ちょっとしたミッションが与えられていて、密かに作曲をしています。
作曲というか、録音です。
こういう機会があるとアイデアを色々と試すことが出来るし、とても良い。

そのうちどこかで聞いて下さい。

おやすみなさい。

2016/07/07

2016/7/2 [NEW SOLUTION3]

おはようございます。

先日の
ayUtokiO1st full album「新たなる解」リリースパーティー
[new solution3]
にお越しくださった方々、どうもありがとうございました。
おかげさまで僕自身とても楽しく1日を過ごすことが出来ました。



ミツメは、彼らの初めての自主企画に呼んでもらったことなどもあり思い入れのあるバンドでした。尊敬する音楽仲間です。
大きな車に機材をいっぱい積み込んで、6名の仲間を連れて会場にやって来ました。
それだけでも僕は感慨深いものがありました。
「舞台」の袖からリハーサルをするミツメを見るのは初めてだったから、新鮮でした。
新譜の曲を中心に淡々とこなしていく彼らは「らしい」ステージをしっかりと見せてくれました。
音楽の話は今回はしません。良かったです。
これからも彼ら四人らしく、頑張って欲しいと思っています。



[new solution3]におけるayUtokiOは最高でした。

ミニアルバム「恋する団地」をリリースした頃から、
ゆっくり時間をかけて、活動当初思い描いていたよりステージ上の人数は増えたし、出会ったミュージシャンのキャラクターの分も加わって、より立体的なアンサンブルとなってステージの上で2016年のayUtokiOが実現しました。

今回、確かな手ごたえを感じました。
「作り手」として、やっとステージの上で充実感を得ることが出来ました。
そして、まず「新たなる解」はもっと多くの人に聞いてもらうべきだと思います。

ここまで3年くらい大編成のバンドを携えてソロ活動を続けてるうちに、色々あってなんだかとても呼吸がしづらくなったような気がしました。

一人でもくもくと考え込む姿を、近くにいた人はずっと見守ってくれたし、文句も言わずにあらゆる面で協力してくれたし、サポートメンバーは演奏以外でも僕の事を支えてくれているんだなと思いました。
それは、「バンド」を組んでいるときにも経験したことのないことでした。
それはそれで、嬉しい気持ちに耐え切れず、更に息苦しい気持ちになったりもしました。

それもこれも全部が非常に価値のある経験だったと思います。
そんなayUtokiOにおいて、僕はここまで常に、意識して、「作り手」であり続けました。
ここまでに残した全てにそういう意味でもこういう意味でもとにかく大きな手ごたえがあります。
とにかくまだ聞いてない作品があったら全部聞いてみて欲しいです。



ライブを終えて、一息ついたり、会った人と話したり、メールのやりとりをしたり、声が聞きたくなって電話をしたり、電話をくれる人がいたりして、その中で思うことも多くありました。
夢の話は友人と。
現実の話だって、友人と!!



まだまだ音楽を続けます。
いきているアイデアが死ぬほど待っている。
今度は大きく息を吸って!


猪爪東風