投稿

2015の投稿を表示しています

犬にしても トレイラー CG 犬 ジャケット写真 の話

イメージ
こんばんは

無事に犬にしてもレコードのトレイラーが完成し、公開されました。
今回の映像、レコ発ライブフライヤーも作ってもらった浮舌大輔(20tn!)さんにお願いしました。
そんな彼の製作した他のビデオといえば、とにかくCGがなんというか、半端じゃ無い。

恋のパイナップル/そらはみずいろ
思えば僕はこの曲の入ったCD(なりすレコードより発売されています。レーベルメイト。)にコメントを寄せました。最高の作品です。チェックしてみて下さい。

で、このMV、(ほぼ)動かない。いや、よく動くんだけども。。
狂気。

「犬にしてもトレイラー映像」でも、しっかりとこのイイ感じを味わえるはずです、大変満足です。

✴︎そして浮舌さんとの作業は引き続き「犬にしても」MV撮影にまで続いていくのですが、話が長くなりそうなのでまた今度。

〜〜〜〜〜〜〜

さて、犬にしてものジャケットの犬。

とある 心の疲れていたある晩、僕はふとリビングのテーブルの上の「世界の犬、大図鑑」(タイトル忘れた)に目をやりました。

犬はかわいい。最高です。正直、子供の頃の記憶から最近まで犬は得意でなかったのですが、見る分には本当最高です。
チワワ、ダックスフンド、柴犬、スピッツ、ポメラニアン、他。
知っているには知っている。世界には可愛い犬だらけだ。

そうしてパラパラとページをめくっているとふいに目に飛び込んできた不思議な生き物。

一見、羊のような姿をしたその犬の名前は「ベドリントンテリア」といいました。
「目があったな」と思いました。つまり、好きになったんです。

すぐに平澤さん(なりすレコード)に話をしました。
僕はどうしてもこの犬と写真が撮りたい。ジャケットにしたい。と。

めいっぱい探しました。平澤さんが。
そうこうして出会ったワンちゃんが、
「犬にしても」ジャケットの なす ちゃん(1歳 オス)だったわけです。
(その羊のような独特のカットを「ベドリントンカット」と呼ぶらしいです。)
撮影の日、優しい飼い主さんに連れられてやってきた犬は他に二匹いました。
「そら」という、同じくベドリントンテリア(毛がグレーがかっていて本当に綺麗でした)、
「るっち」という、キディランドに並んでそうな本当に人形のようにふっかふかの茶色いトイプードル、
ファンシー という言葉には「動物愛好」的な意味があるとか無いとか。

✴︎そしてそらと…

レコード「犬にしても」についての話

こんにちは

レコード「犬にしても」の発売まで、あと二週間ほどです。

前作の「恋する団地」をリリースしてからずいぶんのんびりしていて、作曲も作詞もほとんどせずにいました。
ライブをしたり、本を読んだり、音楽を聴いたり。
仕事したり、人と話したり、欲しいものがあればそれについてかなりしつこく調べたり。
という風に日々を過ごしていたら気づけば一年以上リリースが空いてしまってました。(その間、アナログ版のリリースをさせてもらいました。)
ハイペースな活動を続ける友人達を本当に尊敬します。
音楽作るのは大変だし、レコーディングもなかなか大変です。
そしてそれをリリースするまでも一苦労だし、ライブだって一回ずつ色々と大変です。

ーーーー

世の中は目まぐるしく変わっていきます。
僕は音楽を聴くのも作るのも演奏するのも大好きです。
大好きなものを形に残す作業、生きていれば普通に気にするようなあらゆる流れと関係なく大事にやるべきだと、僕なりに良いやり方を考えました。
(「流れ」も好きです。)

プロフェッショナルな仕事にはいつだって憧れていたい。
アマチュアの持つわくわく感とはいつまでもそばにいたい。

そんな事を思いながら今回のレコーディングは自分でやってみる事にしました。
核となるレコーディング機材には、ある時代のいわゆる「宅レコ」仕様のハイグレードランクと言えるような物をチョイスしました。
という訳で、今作は全体的に「宅レコ」のマインドで行われています。

「便利」とは素晴らしい事ですが、僕の素朴な世の中全体への願いを全て吹き飛ばしてしまいかねない。
ちょっとくらい不便な方が気づく事も多いだろうと思います。
勿論、便利に生きていればそれはそれで沢山の事に気づく訳ですけど。
僕の場合は多くの物に関して、過程にこそ興味があるというか。

しかし僕は結構なまけものでもあるので、ちょっとくらいは「便利」な方が良いかもしれないなと、今回のレコーディングが終わる頃思いました。
そしてミックス&マスタリングは前作ではマスタリングをお願いした佐藤さん(micro star)に、お願いしました。佐藤さんはアマからプロまでの感覚を持ち合わせた本当に素晴らしい方です。

ーーーー

さて、今回収録されている「犬にしても」という曲は今披露できる曲の中で一番新しい曲です。
なんだかんだ僕なりに色々思うこと…

NEW TELEPORTATION 0について

イメージ
こんにちは。
先日の山田稔明さんとのココナッツディスク吉祥寺店でのインストアイベントにて、ayUtokiOの音源&グッズ購入特典として配布していた「NEW TELEPORTATION 0」を、
・ayUtokiOライブ会場物販 ・ココナッツディスク吉祥寺店(店頭のみ) ・SOULMINE Mega Mart(通販のみ) http://soulmine.jp/?pid=94067073
にて10/10より、販売致します。 価格 ¥1000 也。 数量極少数。

さて、今回はこのカセット作品についてお話しします。

シリーズ化しているカセットテープ作品「NEW TELEPORTATION」ですが、
この第一作目を制作するにあたってのテーマは「80年代のデモテープ」というものでした。
機材も80年代から90年代半ばの物を集めてきて、
2011年頃、自宅でカセットテープ8トラックMTRで、どのトラックに何の音を入れたかノートにメモしながらせっせとレコーディングしました。テープは伸びるし切れるし、大変でした。
前にも書いたかも知れないけど、なぜそんな事したかって、そんなの「DEMOテープ」がクールな作品で、その時期よく目にしていた「CD-R作品」がちっともクールじゃないと感じたからです。で、それらを「並べて売っちゃえ」と思いました。

第二作目「NEW TELEPORTAION2」は、その曲らを今度はストリングスなどのアレンジを施し、2年前にクールじゃないと感じた「96年以降の宅レコ」でクールにやり直してみよう。と思ってYAMAHA AW2400という録音機材を使って録音したものです。
なんでそんな事したかって、96年以降の実機による宅レコにロマンを感じ始めたからです。
ROLAND VSシリーズの登場によって時代が変わった(メジャーレコード会社に送られてくるデモのクオリティが上がった)という、そんな話を耳にしてハートが燃えた感じがしました。(totosのroom mateというアルバムの制作話にも後押しされました。)
お世話になっていたtotosけんじさんの「ハモンスタジオ」という猫の二匹いるスタジオにこもって毎日作業しました。デジタルになって色々便利になったとはいえやはりMTR実機は重くて運ぶの大変だなーと思いました。

録音だけに限った事ではないと思いますが、存在す…

11/3 7インチ「犬にしても」リリース決定!

イメージ
こんにちは。

8月は一瞬で過ぎ去り、9月に入りました。
さて、お知らせです。

2015年11月3日にayU tokiO新作「犬にしても」を発売致します。

今回なりすレコードからのリリースとなり、7インチアナログレコード+CD
という作品となります!


「犬にしても」 7インチEP+CD
なりすレコード
NRSP-726
2.000円+税


●トラックリスト
7インチEP
A.犬にしても
B.僕らに愛を!

CD
1.犬にしても
2.僕らに愛を!
3.官能少女 4.ORACION-祈り-



なりすレコード平澤さんとの付き合いも大分長くなってきました。
付かず離れず、仲良くしてもらっています。
このなりすの平澤さんという人は、とても音楽(他様々なこと)に理解のあるというか、造詣の深いというか、、最高な方なのです。

彼のレーベルをご存知の方はお分かりだと思いますが、
なりすレコードは女性アーティストのリリースが圧倒的に多いです。
その中、自分にリリースのお誘いを頂けたのはとても嬉しい事でした。

僕なりの彼への気持ちという事で、
今回の作品、表題曲「犬にしても」他数曲にはメインボーカルとして普段ライブやレコーディングでサポートメンバーとしてキーボード等を演奏してもらっているmaxを迎えました。
かなりいい感じに仕上がっており、大変満足です。

そして平澤さんからの提案により同梱されるCDには、ayUtokiO初のカバー曲を収録しています。
こちらでは僕自身大好きな曲を歌っております。


レコーディングは都内スタジオにて、ちょっとした思いもあり、ハードディスクMTRというやや型落ちの録音機材を持ち込み、今回のミックス&マスタリングエンジニアの佐藤さん(micro star)等の力を借りつつ、自分自身で録音しました。
これがまた、当然色々と大変だったのですがそのこぼれ話はおいおいする事にします。

とにかく、最高の作品が完成しました!!ということです!!


そして、今回の新作発売に伴い都内にてリリースイベントを同じく11/3に開催致します!!
今回は、ayU tokiO初の「ワンマン」ライブとなります。よろしくお願い致します!!


ayU tokiO7インチEP「犬にしても」発売記念ライヴ 「new solution 2」 2015.11.3(火/祝) 恵比寿CreAto http://www.creato.bz/
出演:ayU …

7月

こんにちわ。

あっという間に6月が終わり、7月になりました。
今月のライブは2本。
※ayUtokiOによる弾き語りです 2015.7.11 sat - 吉祥寺 sutekina
w / Eunaly /佐古勇気 ticketadv 2000 /open 18:30 / start 19:00 Info : http://eunaly.com/wp/wp-content/uploads/2014/07/image1.jpg
「LEISURE#3」 ※ayUtokiOフルバンドセット編成です 2015.7.19 sun - 下北沢 THREE w / Special Favorite Music /Pun Pun Circle
DJ : 関山雄太  ticketadv 2800 / door 3300 / open 18:30 / start 19:00 Info : http://specialfavoritemusic.com/ROMANTICS/
こんな感じです。
一本は小さな所で弾き語り、 ゆうなりと佐古くん、意外な組み合わせで楽しみです。もう今週末だな。
一本はライブハウスで大人数でSFMレコ発のお祝いです。 共演の変態天才プンプン君によると、くめさんは 「恐ろしい凶器を可愛らしい箱に入れて渡されたようなー、天才BOYマン」 だそうで、僕も無類の凶器好きの可愛い物好きの天才BOYマン好きですので、初めてご一緒しますが非常に楽しみです。
弾き語りは楽しくなってきたので今後もやっていこうと思います。 歌いたいというか聞いて欲しい曲がちらほらあるので、カバーもたくさんやろうと思います。あと、気に入っていたアコギがハワイに持っていたら空港でメタメタにぶっ壊れていたのをきっかけに色々アイデアが湧いたのでアコギ弾き語りではない他の方法も考え中です。
大人数でのライブでは新曲も少しずつやっていこうと思います。 大人数でのライブはあまり多くはやらないかもですからタイミングが合えば遊びに来てくださいませ。


さて、前作「恋する団地」から一年経とうとしています。早いものです。 リリースから今まで、ライブしたりアナログ盤が出たり、そんな感じでほとんど新しい曲がなかなかおろせない感じでした。 一息ついて周りを見渡せば世のミュージシャン達はバンドを解散させたりリリースしたりリリースしつつ活動を止めたり、いろんな形態…

フジモリメグミ × いでたつひろ exhibition anima

こんにちは

昨日は平井の「PARK SHOP&GALLERY」という場所で

フジモリメグミ × いでたつひろ exhibition anima

という展示にお呼びいただき一人で歌ってきました。
ayUtokiOを始めてから一人で歌うことはほとんど無かったので、新鮮で楽しかったです。

いで君の絵はとにかくものすごく繊細で、恐ろしいほどの書き込み。
本当に美しかった。感動しました。
フジモリさんの写真は広い意味での「どうぶつ」がテーマということでしたが、なんとなく絵画的でやはりとても美しい写真。感動しました。

二人はかなりすごい。

ライブの前、トークショーをやるということでどんなものかと見ていたら、呼び込まれて結局自分も少し参加することに。
テーマは「東京」ということだったのですが、なぜ「東京」だったのでしょうか。。。

僕はayU tokiOという名で活動をしていますが、東京に強い思いがあるかと言えば人にコブシを握りしめて話すほどのモノなど無い。
しかし、東京で生まれ育ってきた自分、猪爪東風としては何気ないこの街との思い出は沢山あります。
そもそもどの土地への憧れも無い自分ですが、所謂ある種の「東京」という、
その感覚を決して共有できないわけでもない。

その上で
もっと話せることは山ほどあったなと思いながら平井を後にし、
帰りの道中なんとなーく寄り道をしてレインボーブリッジを通ったりしました。
僕は高校生の頃からなんとなく一人でお台場に行くのが好きなんです。
何がどうして存在してるのかはよくわからないけどただただ何もなく整頓されている。
端っこの方はほとんど人がいないだろうにやはりキチッとしている。
更にそこにぽつんと存在する遅くまでやっているコンビニを見かけると胸がいっぱいになります。これは言い過ぎでもなく、本当にそうなんです。

昨日は雨で寒かったから少し残念でしたが、この先もっとあったかくなるとなんとなーく出かけたくなります。
相変わらずバイクはあまり合理的な乗り物でも無いなと思いますが、こんな時はやっぱりバイクは楽しい。

さて、生活のためのなんらかの目的があって出かけて目にする景色は果たして思い出として後に美化されるものでしょうか。
それは見つめる景色というか黒目の外に流れる風景で、風景というよりかはもっというと目的地への道を間違えないための記号だと言えなくもない。

2015/3/6 new solution

こんにちは、ayUtokiO猪爪です。

だんだん日も伸びて春らしくなってきました。
毎年花粉症があって少し嫌な季節でもありますが、暖かいのはやっぱり良い気持ちです。

さて、
先日のレコード盤「NEW TELEPORTATION1 2」 「恋する団地」のリリースパーティー
にお越し頂いた皆様、応援してくださった皆様、どうもありがとうございました。

自分発信のイベントというのは初めてのものだったので不安もありつつ準備をしていたので沢山の人がいらして下さってホッとしました。

おかげさまでとても良い日になりました。
吉祥寺キチムは良い所でしたね。 木下さんも柴田さんも素晴らしかったなぁ。

自分で呼んだ大好きなミュージシャンが演奏をしてくれる訳ですから、
気分は最高です。
そりゃそうだ。良いな。
本当に良かった。

最後に木下さん石塚さん柴田さん植野さんを交えて演奏したのは「僕らに愛を」という曲です。
以前MAHOΩというバンドで演奏していた曲ですが、この先はayUtokiOとして演奏していこうと思います。
アレンジは全く別のものになりました。
レコーディングもしようと思います。



ayUtokiOとして活動を開始してから3年経ちました。

2012年「NEW TELEPORTATION」
2013年「NEW TELEPORTATION 2」
2014年「恋する団地」
2015年「NEW TELEPORTATION 1+2lp」、「恋する団地lp」

一旦これまでの活動を区切る意味でもイベントやって良かった良かった!

それぞれの時期に関係してくれた仲間がいて、その時の練習を録音したやつを聞くと誰の演奏か(音源に関しては音質についても)大体わかるんですけど、これが結構良いんですよね。
僕が呼んできてやってもらってるわけだから、やっぱりどの人の音も大好きです。
当たり前の事なんですけどね。



現在は再び一人で次の作品のアイデアを浮かべたり、それを形にする準備をしたりしています。
今後とも宜しくお願いします!


いのつめあゆ

2015/03/06 「NEW TELEPORTATION1,2」「恋する団地」アナログリリースパーティについて

イメージ
みなさんこんにちは、ayUtokiO/猪爪です。
ayU tokiO LP版「NEW TELEPORTATION1+2」「恋する団地」2015年1月23日に2タイトル同時リリース。
これを記念して2015年3月6日(金)、ayUtokiOとして初のリリースパーティーを 吉祥寺キチムにて開催する事に致しました!
ayU tokiO初めてのリリースパーティー。 過去の作品達が一挙にレコードとして再びリリースされるこの機に、 満を持しての自主企画。 この機会をくれたde.te.ri.o.ra.tion、青年Y君には本当に感謝しています。 どうもありがとう!!

今回共演にお誘いしたのは僕の大好きなこちらの方々です。 ↓

・木下美紗都と石塚周太 僕がMAHOΩというバンドをやっていた頃、メンバーから紹介されて聞いた木下美紗都さんの「それからの子供」は以来ずっと、僕がことある度に耳にしてきた愛聴盤です。 いつかご一緒出来たらな、と思っていたのですが、まさか自分のリリースイベントがその場になるとは。本当にとても嬉しいです。 彼女の歌声、メロディ、歌詞、アレンジ、その他どこもかしこも最高なのですが、石塚さんのギターもまたたまらない最高さなのです。 昨年末渋谷にて、木下さんの歌、石塚さんのギター演奏に感激したのが僕の2015年最後の音楽体験でした。
・柴田聡子とMusicHelps 柴田さんともまたMAHOΩでの活動時期に出会いました。何度か見たり聞いたり共演したりしつつ、彼女の「海へ行こうか」という作品のレコーディングを担当したりもしました。(カセットMTRとハードディスクMTRの二台同時録音でした。) こうしてayUtokiOとしての自分のイベントに出てもらって共演出来るというのは非常に喜ばしいことです。 彼女の曲はいつもつかみ所が無い様でいてとても親しみやすく、ライブでは柴ちゃんの世界にぐんぐんと引き込まれて行きます。とても尊敬する音楽家です。 今回は以前に一度だけ彼女のワンマンライブで披露した「柴田聡子とMusicHelps」というバンド形態で演奏してくれます。
そして、ayUtokiOは今回 フルバンド・アコースティックセットでの演奏です(初)。 昨年のライブ活動にて、試行錯誤を繰り返す中で得た経験の集大成的なものになる様な気がしています。
サポートメンバーは、 bass : ウラリョウイチ keyboard & …