7/2バンドメンバーの紹介

こんにちわ。

7/2に向けて引き続き準備を進めています。

今回は最大14人で演奏するわけですが、その参加メンバーのことを話ししようと思います。



いつもサポートしてくれている人から、



1、やなぎさわまちこ(key,vo)
最小の編成にも参加率の高い彼女は今、密かにソロ名義での音源制作をスタートしています。この制作は全体的に僕がプロデュースを手掛けるという事で進めています。これもまたなかなか良い作品になりそうな予感がします。興味のある方は動向をチェックしてみて下さい。
絶妙なメロディセンスと正確なリズム感、そして良い声の持ち主です。機械にも強く、さりげなく万能なミュージシャンです。

2、ウラリョウイチ(ba)
ayUtokiO少人数以上の編成には欠かす事のできない凄腕ベーシスト。熊本(福岡)出身。
ツイッターでは夜な夜な毒を吐きまくっていますが死ぬほど心の優しい人。
僕の悩みを聞いてくれたり、一緒にアイス食べてくれたり、あらゆる方面でサポートしてくれている気がします。
死ぬほど練習が好きで、とにかく超有能なベーシスト。宝。

3、原GEN秀樹(dr)
年長組、「northern bright」のドラマー。福岡出身。
ゲンさんのことは彼が「totos」という僕の大好きなギターポップバンドのサポートを始めた頃に知りました。憧れの先輩です。鬼の様な形相でドラムを叩きますが超優しい。
自前のスツールが最高にかっこ良くて、自分もいつかドラマーとしてバンドやるなら持ち込み機材は「椅子」と決めています。

4、山本紗織(fl)
ayUtokio team(一回きり)からの付き合いの素敵なフルート奏者。
持ち前のコミュ力をして、あれよあれよと言う間に色々なところで演奏する様になりました。さおりさんの音を聞いていると「フルートは歌だなー」、と思います。
優しく芯のある音色がさおりさんの持ち味です。
最近フルートケースを新調しました。ハイファッション通。
言彦くん、あっこさんとは高校の同級生。

5、山下言彦(vn)
ayUtokio team(一回きり)からの付き合いの正義のバイオリン奏者。
オザケンが大好き、酒大好き、バイク大好きで酔うと楽しい人です。
抜群に感じが良く、演奏ものびのび、おおらか。
いつか一緒にCBで箱根に行くのが夢です。
さおりさん、あっこさんとは高校の同級生。

6、田代晶子(vla)
ayutokio team以降すぐからの付き合いの心優しきビオラ奏者。
実はバイオリンが本業で、普段はブライダルなどでの演奏や教室での先生などをしています。プロ。
どんな要求にも応えてくれてとても感じの良いミュージシャンで本当に助けられています。さおりさんが言うには、踊ると腰の位置を誰よりも深く落とすらしいです。
さおりさん、言彦くんとは高校の同級生。



はい。ここからは更なるayUtokiO。



7、大橋伸行(ag,per)
年長組、「MISOLA」のギタリスト。
前任サポートギターryo takematsuさんからの紹介でayUtokiOにお付き合いいただくことになりました。予定調和が大嫌い、無垢なものに弱い。そして中二男児の優しき父でもあります。常にキレのある有益なアドバイスを与えてくださり、無理な要求にも楽しそうに応えてくれて本当に助けられています。今回はパーカッションも担当してくれます。
一見無口そうに見えるのですが、ときどき切れ味の鋭いナイフを突き立てるが如く、毒をぶちまけ僕を痺れさせてくれます。かつ、すごく優しい心を持った音楽家です。

8、今井KAZUYA(key)
今回最年少、「失敗しない生き方」のキーボーディスト。とても素敵な曲を書ける作曲家です。
猛烈にシャイで、とてもかわいい後輩です。とにかく一生懸命練習してくれます。自分から「あゆさんの〜〜の曲大好きです」と言った曲は全然弾けなくてかわいかったです。
チョコミント味とテンション風と渋谷系風味が好き。彼もソロ活動をじんわりと進めているようなので、気になった方はチェックしてみて下さい。DEMOでは歌う人がいないからボーカロイドを使用していて、そこもかわいい。

9、大石陽介(eg)
「カンバス」サポートギタリスト。福岡出身。
大橋さんの激推薦によって興味を持ち、お誘いした凄テクギタリストです。
一緒にやってみるとやっぱり素敵で、凄テクかつ、とにかく歌に寄り添ってくれます。福岡の人はみな、心が優しいです。そんなギターを弾いてくれたり、ときに凄テクを織り交ぜたりしてくれる素晴らしい演奏家です。絶賛演奏仕事募集中。余裕でなんでもやれます。(多分)

10、國見智子(trumpet)
最高な先輩。
「wack wack rhythm band」のメンバー。
自分は「sloppy joe」のメンバーとしての國見さんを先に知りました。その音はなんとも伸びやかで、その後「MISOLA」に参加する國見さんと三橋さんコンビを見てブチ上がり、「ホーンセクションを録音するときは絶対にこの二人にお願いしたい」と思ったのでした。天才肌。

11、三橋俊哉(tenor sax)
最高な先輩。
「wack wack rhythm band」のメンバー。
激シブなサックス本体を、年輪を感じる豊かな音で鳴らしてくれる素晴らしい方です。
多趣味&ハイセンスでとにかく尊敬の先輩です。
音源、ライブと参加していただけてとてもハッピー。

12、櫛引彩香(cho)
声も姿も心も美しいシンガーソングライター。
中学生の頃TOKYO MXでの電リクビートボックスを見てましたから、ご一緒出来るのは非常に感慨深いです。
ご自身はソロのボーカリストにも拘わらず、今回はコーラスのポジションで参加して下さいます。その懐の深さは歌にそのまま出ている気がするのです。

13、小川タカシ(cho)
素敵なポップスユニット「カンバス」のvo,gの男前な人。福岡出身。
今回「コーラスの音がバッチリはまったときの快感」を求めて引き受けて下さいました。
ギターも弾けて曲も書けて歌も上手くて格好も良い。しかも話してみると極めて温厚な方でしたから、迷わずお誘いしました。やっぱりコーラスもバッチリこなせちゃう、流石なハイスペック、櫛引さんとのコンビネーションを是非お楽しみ下さい。

※ことひこくんのみいません。


はい。一生懸命みなさんのことを紹介しました。
いい人 いい人 心 心 って、

結局音楽は「人」ですね。
にんげんだもの。






14、僕(vo,eg)

2016/7/2 原宿アストロホール是非来てください!!

イノツメ

このブログの人気の投稿

ミツメと私

5/29