投稿

11月, 2017の投稿を表示しています

11/27 鈴木博文「どう?」ツアー京都、シンガポールカセットリリースパーティー

イメージ
11/23 僕がサウンドプロデュースした鈴木博文さんの「どう?」のリリースツアーで京都行きました。


車で行きました。博文さん、長旅本当にお疲れ様です。
なんかいっぱい食べていたし、ずっと元気ですげーなーと思いました。



会場はこんな感じのVOXhall。
なんか面白い作りしていました。
PAさん大変そうだなーと思いましたが、ipadを使ってあちこち動き回りながら近代的にミキシングをしていて、会場を使いこなしている感じがして感激しました。

スタッフみんな元気でとても感じの良いライブハウスでした。
京都ではメトロや磔磔にもとても興味があるけど、VOXhallにまた来たいなと思いました。



近所を少し案内してもらって鴨川見てきました。
綺麗でした。川沿いのご飯屋さんの川沿いの部屋はすげー高いそうです。
川沿いの部屋に明かりの灯る様子は綺麗だろうなーと想像しました。
ところで、judy and maryのKYOTOって曲の「鴨川こえていそご〜」って言うのは、いったいどの辺りの鴨川のことなのかな?
細い路地を舞妓さんが歩いて移動していたりして、京都的に風情のある感じが良かったです。
外人さんが多かったです。



ライブには岡村詩野さんがいらっしゃいました。久々に会えて嬉しかったです。



帰り際の集合写真。 すげー楽しかったです。 ライブ中の写真が無いです涙。 みなさんお疲れ様でした。

本日休演すごく良かったです! ギターの話いっぱいしてくれて、すごく嬉しかったので、オレンジのアンプを買うように勧めておきました。

ayU tokiO良いライブが出来たなと思いました。 大人数で遠征するのはお金もかかるし色々大変だけど、自分はどこでも大人数で鳴らす音楽を計画する「ソロアーティスト」という存在を諦めません。 ayU tokiOはバンドでは無くて、ただシンガーソングライターなわけでもなく、基本的にはシンガーソングライターな猪爪東風をプロデュースしているっていう感じです。
なんでそんなことするのかっていうと、簡単にいうと「バンド」活動に飽きたから。 それは今もそんな感じです。圧倒的マイノリティだなと日々感じていますが、相変わらず飽きてます。 それと今のようなソロ活動の仕方に、「バンド」的な楽しみよりももっと音楽的な刺激とロマンを感じたというか、見つけてしまったんでしょうね。始めた当時はちょっとし…

11/20 色々

イメージ
昨日はこちらでDJ体験してきました。

なんでもやってみると楽しい〜。 ビーサンくん他、その場にいた人達がすっごい丁寧に機材の扱い方のお世話してくれたのが印象的でした。面目ないです。 まぁ、すぐ曲が終わっちゃうから忙しくてそれどころじゃなかったですけど、 とにかくビーサンくんが良い人だったという印象でした。
物好きの人は今後も僕のことDJとして誘ってください。 今度からもっと踊れるやつかけるようにします。 踊りとか、わかんないし、基本空気読めませんけど。自分なりにどうにかします!


シンガポールのメンバーも遊びに来てくれて、嬉しかった。 シンガポールといえば、今週末はこれ。

彼らの初作品カセットテープ(2曲入り)のリリースイベントです。
やなぎさわまちことまちこの恐竜も出演します。

みんな頑張れ!!



COMPLEX的にはまちこ作品にしろシンガポール作品にしろ、この先のやつも、、、
なんだかカセットづいています。
今の僕らにはカセットテープってすごーく良いんですよね。

最近のCOMPLEX作品が、メディアにカセットテープを選んでるワケは、
ayU tokiOの初作品「NEW TELEPORTATION」とは意味が違います。
2017年、僕らが作っているのは「デモテープ」ではないのです。

鑑賞から観察に変わり、感想が考察に変わります。
じっくり考えた後は、少し大人になってみんなといろんな話をします。



12/2、鈴木博文さんのライブ(コンサート)「弦夜」。
こちらのストリングスアレンジは僕がやらせてもらいます。
ストリングスはロマン最後の砦です。
今後も尊敬と憧れを持って。大事にします。
ってか、他の人にもそうして欲しい。



その前に11/23は京都です!!
頑張ります!!

11/12 sing on the pole「release party」

イメージ
やなぎさわまちことまちこの恐竜ライブが11/26にあります。

sing on the pole「release party」 2017.11.26 sun - 下北沢 THREE やなぎさわまちことまちこの恐竜 - gt w / sing on the pole / ナマニエルボーイズ ticket adv 2500 / door 3000 / open 18:30 / start 19:00 Info : https://shimokitazawathree.tumblr.com/
こちらのイベント、「sing on the pole」という名のバンドの1stカセットテープリリースパーティーなのです。 おめでとう!!

こちらジャケットです。  可愛いね。

こちらの作品、
録音、ミックス、マスタリング、を僕が手掛けております。

そして何を隠そう、
次のCOMPLEXからのリリース作品となります!

やなぎさわまちこに続き、今作カセットテープも¥500(税込)です!100本限定です!


会場で買ってね〜!

11/9

鈴木博文さんの九州ツアーが終わりました。



1日目大分の会場はアトホール。
大分のバンド、ネネカートとの2マン。
ネネカートとは、以前にayUtokiOで福岡に来た時にも共演したことがあります。

今回の旅のアテンドはネネカートのドラマーでアトホールのオーナーである河村さんがして下さいました。

各会場で会う人がよく知った人のようで、九州では顔の広い方のようでした。
河村さんはとてもムーンライダースのことが好きで、博文さんのことが好きで、そしてすごくシャイな方のようでした。

ライブ前に物販席で座っているとお客さんの一人に
話しかけられました。
博文さんと同じくらいの歳の方だったと思います。
並んでいる博文さん関係の音源の数々はほとんど入手済みと言っていました。
博文さんに会えるのを楽しみに待っている地方都市のファンの人がいる、というのを感じました。



2日目熊本で共演したクラギッツというデュオが印象的でした。
二人ともお医者さんなんだそうです。

「東京にはどのくらいの頻度で来るんですか?」と聞くと、
「年に2回くらい学会で、、」と言われて、

「あっ、、、」ってなりました。

二人ともすごい酒飲みでした。
打ち上げはクラギッツの二人が近所のお店に連れて行ってくれました。
そして、メンバーの田中さんは居酒屋でもずーっとギターを触っていて本当にギター触るのが好きなんだなーと思いました。
CD買いました。
打ち上げのお金は二人がすごく多めに出していました。
こんなこというの野暮でしょうけど、そういうところ九州男児は本当にかっこいいです。
野暮ですいません。でも本当かっこいいです。



3日目福岡では「新たなる解」のミックスをしてくれた森達彦さんに初めてお会いすることが出来ました。(森さんは長崎在住。)
これは非常に嬉しかったです。
電話ではちょこちょこ話をしていたので、初めて会う感じがしない不思議な感じでした。
とても現代的な出会い方です。

森さんは博文さんとはとてもながーーい付き合いのようで、昔話に花が咲いていたのですが、その話がとても興味深く、恐ろしく、バブルってすげーなと思いました。
そして、博文さんとは話せば話すほど、果てしなく底が深く、蓄積は高く積み上がっているのを感じ、博文さんのことがなんだかよくわからなくなっていく感じがしました。
そして、2017年のミュージシャンである…