投稿

2018の投稿を表示しています

1/18 トビラでのライブのこと / 小山ゆうの漫画のこと

先日新年初めのライブを弾き語りでしました。

下北沢のトビラという料理屋さんが今月で終わってしまうということで、トビラのケンタロウさんに誘われて演奏しました。
トビラではいろんな人に出会ったし、良い思い出がいっぱいあります。
大橋さんがカレー二皿半くらい食べてて、そんなお腹空いてたのかなと思ったんですが、
お店なくなっちゃうから最後にいっぱい食べようって事なのかなと思って、そういうのなんか良いなと思いました。
クマに鈴のレオくんが来てくれていて、大橋さんに「大橋さんの靴下サッカーソックスですね」と何度言っても「そうかな、違うでしょー」と応じていて、僕もサッカーソックスだろうなと何度も思いました。

「犬にしても」という曲を初めて自分一人で歌いました。
演奏はボロボロだったけど、なんか良かった気がします。
この曲を作った頃自分が歌詞に乗せて歌いたかったことがたくさん詰まった曲だからすごく気に入っています。
この曲は、音源でもライブでもやなぎさわまちこが歌っています。

この曲の7インチをリリースしてくれたなりすレコードの平澤さんは、ayU tokiO久々の新曲が自身の歌唱ではないことに何も突っ込んだりしませんでした。
ジャケットにはベドリントンテリアというとても珍しい種類の犬が写っているんですが、「この犬が良いから探して欲しい」と言ったら平澤さんが見つけてきてくれて、出会わせてくれておかげで満足度120%のジャケットになりました。
全部笑って許して、全部なんとかしてくれました。いい人です。
初めて自分で人前で歌ってみて、そんな事いろいろ思い出したりしてジーンときました。

この日の最後に出たたけまつさんのギター演奏がすごくよかったです。
足組んで座って弾く時、浮いた足がひよひよと動くが犬の尻尾のようでとても良いです。

新年最初のライブの日はそんな感じでした。



ところで、
最近小山ゆうの漫画を立て続けに読んでいます。
小山ゆうといえばやっぱり初めて読んだ「あずみ」の印象がすごく強いから、どの作品を読んでても大事な人が簡単に死んじゃうんじゃないかと怯えてましたが、他の作品ではあまり人が簡単に死にません。(「愛がゆく」では沢山死ぬ。)
色々読んでいると、むしろ死ぬことよりも生きることの方に照準が合っている感じがするので、最近は生き方って大事だよなと思ってます。

ゴロツキキャラの下…

1/4 2017年を振り返る(下半期)

イメージ
7月。
博文さんのレコ発ツアー夏版の初日でまたしてもtr707使いました。




ドラムセットへ急激に関心が向き、古いYAMAHAのセットに狙いを定め無事購入。
そしてこのYAMAHA SDM-5というスネアは未だに探し続けてます。




引き続きやなぎさわまちこ作品制作を進めました。
購入したばかりのドラムセットを持ち込んで張り切って特典音源の録音。
3パターン用意しました。

 初日、まちこの恐竜 ver の録音時
二日目、ayU tokiO ver 録音時

CDに先駆けやなぎさわまちこカセットのリリース 
レーベルロゴ登場


8月。 引き続き録音が続きました。 key/今井君、gt/大石さん、vn&vla/アッコさん ありがとうございました。



そして昨年はぶっ壊れたメカを色々直しまくる年でもありました。(仕事) 困ったことあったら相談してください。





9月。 やなぎさわまちこ「わたしの向こう側」リリース。


まちこ&デスミさんとお店回りしました。





「new solution 5」開催。
この回はHei Tanakaと共に。


1/3 2017年を振り返る(上半期)

イメージ
あけましておめでとうございます。
昨年一年お世話になりました。

いろいろやったので主な活動を振り返ろうと思います。


1月。
というか、2016年末からtotosの2017年新作の中の一曲をプロデュースしてました。
spiritualizedの「too late」という曲のカバーでした。


弦アレンジ他、全体的にやらせてもらいました。
totosは旧メンバーの頃から10年近くファンやってます。
レコーディングは埼玉上尾。
すげー勉強になりました。



2月。
この頃ひそやかに鈴木博文さんの新作アルバムの制作活動開始してました。
アレンジ&recを、まず二曲。
ぶつける愛。

そして引き続きやなぎさわまちこミニアルバムのアレンジ&recをコツコツと。
こちらもプロデュースと言えるような感じで取り組みました。
みまもる愛。

そんな中でこんなのもやりました。
永久不滅ポイントの音楽。


作曲、録音的なもの、なんかいろいろやりました。
TR707&727使いまくりです。この時期の流行りでした。



3月。
「new solution 4」をtotosと共に開催。



テーマは「tr-707&727」すなわちサンプリングでした。
この時期盛り込みまくりでした。
サンプリングっていいよね。


「Special Flexi Ticket」登場。チケットかつ音源のやつです。
音源はtotosの「too late」と、僕がtotosの「Pink Sunday」をカバーしたものが入りました。


やっぱいいね。
残ったソノシートはその後音源作品として、ayU tokiO&totosの会場物販&一部店舗にてひそやかに売られてます。もうほんの少ししかないので見かけたら即買ってください。



4月。
正月から続く鈴木博文さんの新作「どう?」のrec佳境。
あれよあれよと気がつけばアルバム全てをサウンドプロデュースすることになってました。博文さんはその辺りもすごいです。
そちらのドラムレコーディングしました。夏秋さん最高です。

そしてやなぎさわまちこの「わたしの向こう側」のレコーディングやらリリースに関する各種作業など。

ayU tokiOライブでは引き続きドラムはtr-707&727にて、ベースには旧友交えて楽しくやってました。

 「どう?」rec@上尾
 旧友こばやしひ…