投稿

2018の投稿を表示しています

4/14 近況

4/7
イギリスからやって来たyearningのライブイベントにサポートアクトとして出演した。
この日は自分、より子さん、みすちゃん、まちこの4人組。
うたとギターとコーラスとときどきリズムボックス。
自分たちの演奏後にyearningのメンバーに「よかった」みたいなこと(英語)を言ってもらえて嬉しかった。彼らのライブのMCでは感謝の言葉がとても多く、楽しくて良いツアーだったんだろうなと思ってなんだか自分も良い気分になった。

終演後、ライブに遊びに来てくれてた大橋さんと車で帰るとき聞いた話。
デジカメで、町の中で撮る写真よりも山なんかの自然の写真を撮る方がなんだかデータの量が「圧倒的に」多いのだそうな。
で、その圧倒的な情報量の中に身を置くことで、癒しを感じることが出来るのだとか。
本当ですか大橋さん。汗

「癒しを求める」ということについて、自分は以前より少しだけ寛容になったと思う。

そういえば先日「あゆくん、知ってる?桜が咲いてるんだよ」なんて言われてハッとした。
下向いて暮らしてるわけではないけど。最近アスファルトとLEDばっか見てたかもしれない。


4/8
childish tonesのドラムを任され、その本番。
リキッドルームは朝からたくさんの出演者が集まり、とても賑わっていた。
大変なイベントだった。ユウ君が挨拶をした。
「一日(というか明日の朝まで)頑張れよ」とテレパシーを送った。

自分はというと、
とてもやばかったんだ。
サウンドチェックの後、とにかくギリギリまで曲を覚えようとした。
情けない話だが、ドラムの立場になるとなぜだか思う様に曲が覚えられなくなる。右脳と左脳のそれがどうにかなっちゃうのかな?
という、数年前と同じ様なことを、スツールに腰掛けて思っていた。その発想は穴だらけだと、今は思う。
「一日頑張れ」
そう思う。

そこへギターのにしおか君がやってきて練習に付き合ってくれた。
彼はとても良いやつだった。
ショボーレさん、にしおか君は最高です。最高でした!

そんなふうな最高な感じだったが、本番の演奏はドタバタのガタガタのスコスコでやっちまいましたが、お客さんも楽しんでた気がするし、何よりショボーレさんが楽しそうにしていたので自分としての使命は果たしたと思う。
バンドって楽しいね!!

片想いを初めて見た。ものすごく良かった。
「ぼくおんがくやめて…

4/6 近況

イメージ
4/8恵比寿リキッドルームでのライブのためにChildish Tonesのリハーサルに参加する。 自分の担当はドラム。 人前でドラムを叩くのは数年ぶり。 うさべにちゃんというteenの女子がいたので(夜になると眠くなってしまうそうです。) うざがられないように出来るだけ小さい音でと心がけたが、ショボーレさん的には初期衝動のそんなやつを求めていたので最終的に全員バーストしてた。 ディドリーくんとショボーレさんの間に流れている空気感が本当に美しいと思った。 師弟関係とも違う、親子的なムードでもない、友情でもなく、あれは一体何なのだろう。 おもちゃのドラムセットだけど、シンバルもチロリロリンだけど、とにかくやるだけやった。 帰り、やたらとたくさんの荷物をそれぞれキャリーカートに積んで駅へと歩いていくショボーレさんとディドリー君がやはり美しく、あれは一体何なのだ?





なりすレコード平澤さんの引越しを手伝う。 「来るはずの人が来ない」から始まる過酷な日だった。 sns上での平澤さんの呼びかけも虚しく誰からも連絡がない。。。 イイねは付く。無常だった。 snsとは一体何なのだ? 昼過ぎの時点での唯一のオタスケの可能性が『小学六年生・男子(春休み)』という状況の中、僕のsosをキャッチしてくれた友人が駆けつけてくれた。 本当に助かりました。平澤さんと二人で、危うく体がバラバラになっちゃうところでした。




ayU tokiOレコーディング。
今後根城とする場所を定め、そこでの試行錯誤を一人決意。肋軟骨痛めました。 2018年のayU tokiOの命題は、「歌とリズム」。 ラフに録音したものにたっぷり含まれた良さが、霞んでしまわないために、 リズムはだいじ、そしてリズムの音色がだいじだと思う。 すごくイイものが出来てきている感じがします。 早くお知らせできるように奮闘中。

ayU tokiO練習。
前回からのコーラスの三人のレベルアップ具合に静かに感動していた。 かなりイケてると思うので、この先のライブは見逃さないでください。 レコーディングにはこの三人とともに突撃していこうと思ってます。



普段そんなにライブの無いやなぎさわまちことまちこの恐竜のライブが2本あった。 この人も新作リリースのために奮闘中。
ロフト飲み会、久しぶりの雰囲気と、変わったものやことを感じ一瞬思い耽る。 なんに…

3/25 見栄を張る

イメージ
ayU tokiOの「恋する団地」が主題歌に使われた藤村 明世 脚本・監督『見栄を張る』という映画が3/24から全国劇場で順次公開となりました。http://miewoharu.com/

おめでとうございます!!



渋谷ユーロスペース 3月31日(土)19:30の回上映後に
主題歌担当としてアコースティックライブをやることになりました。登壇です。
すごく素敵な作品ですのでみなさんぜひ劇場にいらしてください!
宜しくお願いします!!



この作品は、芯があってとても良い作品だと思います。
観ていてグッと引き込まれました。

作中にいくつか印象に残るシーンがありました。
それはわかりやすい「イイ話」とか、派手な演出で見応えがある、とかそういうことではないんですけど、
「生きる」のも、「見栄を張る」のも、藤村監督が見せてくれる「思い」っていうのが本当に良くて、ジーンときました。
すごいよ、藤村監督!!

そして主演の久保陽香さんをはじめ、キャストの方々もとても魅力的でした。
久保さん美しいです。

この作品に自分の曲を使ってもらえるのはとても嬉しいことだなと改めて思います。
「恋する団地」を使ってくれてるってのがまた嬉しいですね。
ジーンときます。

最近、この曲を歌うときいろんなことを思い返しながら歌います。
曲の、はじめの気持ちってすぐ忘れるし、ちょっとしたことで失くしてしまいます、
それってやっぱすごく寂しくて、寂しくて、たまらんです。

録音の時、
メロディを変えたらなくなっちゃう。
歌いかた変えたらなくなっちゃう。
ギターのピックアップがフロントかリヤかでなくなっちゃう。(ケーブルじゃ変わらない。)
マイク変えたらなくなっちゃう。
キーを変えたらなくなっちゃう。
キックが半拍ずらせばなくなっちゃう。
ベース弾くのが指かピックかでなくなっちゃう。

恐ろしい、、、
と思いきや、そんな恐ろしいこともないんですけど。


今朝、アカデミー賞メイクアップ部門を受賞した辻一弘さんがテレビに出てました。 「人の話はきくな」というメッセージがありました。 別な番組で見た、辻さんが学生の時に作ったという木彫りの「ダンボールと虫」が本当にダンボールみたいだったのにかなり衝撃を受けていたので、 辻さんすごいなと思いました。
木彫りのダンボール、すごいです。

3/20 近況

イメージ
前回僕がお世話になった国立のDJパーティーで今度はまちこがDJするというので遊びに行きました。

田中さんにやり方教わってました。
他の主催メンバーのビーサンくんも潮田くんも森田さんもすごくいい人で、国立っていい。 今回のゲストのまちこもめいちゃんも石坂さんもそれぞれかける曲がいろいろで、最近(自分がDJで呼ばれるようになってから)人のDJやってるの聞いてると、「この人ってこういう風に音楽聞いてるのかなぁ?」とか「この人にとっての音楽ってこんな感じなのかなぁ?」とか思うんですけど、かける曲とかそういうことじゃなくて、今回もそんな感じで面白かったです。
この日はスリー副店長のターシーくんに「ご飯行きませんか」と誘われたんですけど、「このイベントに行く」と言ったらターシーくんも来てくれて結果すごく楽しそうにしてくれて自分もすごく嬉しかった。




別な日、 久しぶりにCARREの鈴木さんに会いに行きました。 右上にちらっと写り込むJC-120H。 色々と託し、そして託され、 宜しくお願いします。いつもありがとうございます。




別な日、 とある打ち合わせで池袋に行き、若干二十歳の才女にその日の朝見たルパンレンジャーとパトレンジャーのやつが凄かったという話をしました。
あれはすごいですね。展開がすごくスピーディーで結構引き込まれました。 要素がてんこ盛り。なんかいろいろ考えちゃいました。
で、打ち合わせの後で2年ぶりくらいに池袋のココナッツディスクに行きました。 まちこのCD作ってからもうじき1年経つし、自分のアルバムからはもう2年ですー。 まちこのCDすごく好きと言ってくれて、置いてくれてて僕としてもめっちゃ嬉しかったです。まだ聞いてない人、聞いてみてください。
それにしても池袋どんどん変わっていきますね。3年前はほぼ毎日通っていたけど、「こんなに人いたかな〜」な感じでした。どうなんでしょう。住みたい街なんですか?


その他、車を車検に出したり、曲作ったり録音の準備(使用機材を選んだり、調べたり、直したり、作ったり)なんだかんだとやってます。何かとインターネットは便利ですね。 ネットがなかったら自分の活動はこんなにスムーズに低予算で出来てないです。本当にそういう点では最高の2018年です。
そしていい曲いっぱい。いい感じです。かなりいい感じです。 もうじき録音が始まります。 みんな…

3/14 菊池俊輔

イメージ
COMPLEXレーベル長としていろいろと同時進行で進めています。

ayU tokiOの次作に関してはもう少ししたら具体的なお知らせをいくつか出来ると思います。
どうぞよろしくお願いします。


Childish TonesというDECKRECレーベルのショボーレさんのバンドに誘われて久しぶりにドラムを叩きます。
このバンドはおもちゃの楽器で演奏するというルールがあります。
おもちゃのドラム叩きます!!



スリー店長ゆうくん達のイベントです。
沢山のミュージシャン達が集まるイベントです!!
恵比寿リキッドルームです。



これを書いている途中でちょうどゆうくんと電話をしました。
頼りになります。


去年、「2018年は新しい作品をリリースしてギターを背負って旅に出る」という目標を立てましたが、
具体的に「関西と、北の方」に決めました。
特にあてはありません。

どなたか「きてくれ」という方がいらっしゃいましたらayu4155@msn.com
までご連絡ください。
協力者からの連絡はもちろん、「願い」というか「祈り」のようなささやかなメッセージでも構いません、とても励みになります。
誰からも呼ばれなくても、行くったら行きます。


なんか他にもいろいろ言いたいことは山ほどあるけど、言いたいことはそんなに言えないもの。
ゆうくんにいろいろ話せたので良しとします。


とあるデモ音源を聞いて連想したのが菊池俊輔でした。
最高ですよね。

楽器とか音色も奏法も含めていろんな時代の音楽が、ごちゃ混ぜになっててほんとすげーなと思います。

ところでドラゴンボールのアニメの音声って音悪いですよね。
再放送のものとか、とくに音声のフラッターひどいですよね。
なんで?保存状態が悪いのかな。
キテレツ大百科にも同じこと感じてました。キテレツなんてなんか音こもってる気もしたな。

憂鬱な気持ちになるんですよね。
映像ザラザラしてるし、音楽もなんかカッコ良くないし、音もぐにゃぐにゃしてるし、明日学校やだなーとか、
学校から帰ってきて、夕方の再放送見て うつろうつろしながら思ってました。
小学生の頃です。

小学生の憂鬱な感じ=菊池俊輔
です。

国の宝です。

3/5 SaToA

イメージ
SaToAのレコ発でした。 本当にいいイベントでした。 DIYのいいところが満載のバンドで、本当に収穫祭って感じでしたね!!




 cho/gt小川くんとカジさん
小川くん最高だったな。ギターうまいし。歌うまいし。声もいいし。イケメンだし。 作曲もするボーカルでいてしかもギタリストっていうのは、自分としてはバンドにいて欲しい存在です。困った時に頼りやすいです。(精神的に) ありがたいです!!
小川くんのギターのフレーズや癖なんかはまさに歌う人の歌心のそれで、ばしばし僕(僕のギターがうた心とかではなく)と被ってぶつかるんですが、そこは九州男児的な負けん気の強さでばっちし僕を押さえ込んでくれました。笑 楽しかったなー。本当。小川くんは最高。イケメン。





baさとるくん(右)
今回本当に頑張ってくれたな。ドラムいなかったもんね。 まだしばらくドラムいないよ。ごめんねさとるくん。
引き続き彼はあちこち連れ回したい気持ちです。 とにかくオシャレさんです。24,5歳です。 クールな弾き姿と意思のあるトーン、そして閃きのあるレングス(音符)を武器にayU tokiOに黒いんだか白いんだかわからない謎のグルーブをもたらしてくれてます。 十年後ナイスガイが約束された最高の奴。すごくいい奴。





DUてらっしーちゃん
SaToA自主レーベルを支えてる?なにがどうなってんだか結局最後までわからないままでしたが、とにかく支えているっぽさが凄かったてらしまちゃん。 3,4年前に知り合い、しばらくぶりに会いましたが、なんだか今とっても楽しく仕事をしているようで、肌ツヤがとても良く。 ちょっと見ないうちに立派になって感動しきりでした。
打ち上げの最後、SaToA姉妹とてらしーちゃんしかいない状態の雰囲気がとても良くて、凄く羨ましかったよ〜。
気になることはとにかく質問しまくる主義ですけど、 SaToAの場合、最後まで沢山の謎がそのままでした。 そこが最大の魅力なのかもしれませんね!!

お店のお兄さんも写真に入ってくれて良かったです!!


ayU tokiOのライブ次は、
「The Yearning Japan Tour 2018
2018.4.7 sat - 渋谷 7th FLOOR w / The Yearning / The PAPARAZZI CITY ticket adv 4800 / door 53…

3/2 りっくん

イメージ
明日は下北沢スリーでSaToAのレコ発でayU tokiOライブです。


コーラスみすちゃんの子供「りっくん(3才)」
スタジオに来ました。
みすちゃんのsnsに度々登場するので知った気でいましたが、思っていたよりも大分小さい!!
まだあんまりちゃんと喋れない!!けどなんかよく喋る!!
かわいすぎ◎

練習をはじめてしばらくすると、
僕の曲(と僕の歌?)が怖かったようで泣いてしまいました。
それ以降、僕とは微妙な距離感が生まれてしまい目を合わせてくれなかった。照
このくらいの年頃の子供は最高です。
「何も見えてないけど、全部見えてる」とはvlaあっこさんの談。

写真
「SaToA 大収穫祭 〜スリーショットリリースツアー〜 2018.3.4 sun - 下北沢 THREE w / SaToA / 藤井洋平&TVSCOT / Gi Gi Girafe ticket adv 2000 / door 2500 / open 18:00 / start 18:30 Info : ticket3@toos.co.jp

明日以降もちょこちょこライブ決まってきました。 しかし、もっともっとライブやりたい気持ちです。 今の編成は新作リリースまでどんどん良くなる確信があります。 2018年いい感じです。


ayU tokiO新作進捗状況

・マイク買いました。
・マイク直しました。






ドミンゴ 軽サイズのボディ1000cc、7人乗り

2/26 近況

イメージ
SaToAのレコ発が近づいてます。
この日のライブでは、前回結成したばかりのayUtokiOスリーシスターズ(コーラス)の長女よりこさんが、二回目にしてすでに不在。涙
ayU tokiOメンバーは、 ba/磯部智 (Kazuna Hirose with ECHO) cho長女/小川タカシ(CANVAS)new!!
cho次女/みすちゃん(恋のパイナップル)
cho三女/やなぎさわまちこ vn/田口薫 vla/田代晶子

ということで、
よりこさんの代わりに今回はCANVASからvo&gtの小川くんが参加してくれます。
小川くんは2年前のアルバムリリースライブの時にも櫛引彩香さんと共にコーラスで参加してもらい、その時も最高だったですよ。



今回小川くんと連絡を取り合う中で、彼が一曲ギターを弾いてくれることになったのですが、その時「一曲だけなら僕のギターを使いますか?」と聞くと、「自分の持って行きます。」という自分としては非常に嬉しい返事。

baのサトルくんとは連絡を取り合う中で「フレットレスベースはありですか?」と聞かれ、「いいね!」と答えると、「二本とも持って行きます。」と非常に嬉しい返事。

作詞作曲し、歌い、その他諸々バンドを転がす身としては、メンバーのこのような感じには静かに心が震えます。ほんとうにみなさんどうもありがとう!

この編成での今後のライブも少しずつ決まっていきそうな気配がありますが、予定は未定なのである時に見て欲しいです。

もろもろのライブのチケット予約は
ayu4155@msn.comまで。



レーベルとして、何をしていこうかな。何ができるかな。
と去年からずっと考えていますが、ひとまず自分が今後リリースを予定しているミュージシャン達との交流の具合は非常に良い調子であると認識しています。
それぞれに会って話をすればするほど、いい人ばかりに声をかけているという実感が膨らみます。みんなそれぞれペースが違うというか、違うルートで山を登っている感じがして見ていてすごい楽しいです。
計画聞くのも楽しいし、アイデアを出すのも楽しいし。逆に何か提案してくれたりするのもすごく楽しいです。



ayU tokiOの新作進捗状況は、
最近はドラムス録音の際のマイキングについて考えることが多いです。気になって夜眠れません。
先日、武末さんの計らいにより録音術の巨人、鈴木惣一朗さんにお会いしていろいろお話を伺…

2/12 炎上

イメージ
先日のKent Funayama君のレコ発ありがとうございました。
2018年初のライブでした。楽しかったです。


最近燃えてます。
何事においてもはじめは悩ましいことが多くて、一人で考えたり、誰かに相談したり。
ガッカリしたり回復したりしてアップダウンが激しい日々です。試練です。
後悔したくないので、妥協は無しです。
特に、はじめの妥協はまずい。燃えます。

そんな中で、新曲作ったり。
今年はコーラスとストリングスとドラムスに愛情を注ごうと思います。
物欲でいうと、最近は特にドラムスへの愛が燃えてます。炎上してます。


次回のライブはこちらです。




「SaToA 大収穫祭 〜スリーショットリリースツアー〜 2018.3.4 sun - 下北沢 THREE w / SaToA / 藤井洋平&TVSCOT / Gi Gi Girafe ticket adv 2000 / door 2500 / open 18:00 / start 18:30 Info : ticket3@toos.co.jp
ayU tokiOメンバーは、 ba/磯部智 (Kazuna Hirose with ECHO) cho/やなぎさわまちこ cho/みすちゃん(恋のパイナップル) cho/小川タカシ(CANVAS) vn/田口薫 vla/田代晶子
です!
ayu4155@msn.com でも予約受け付けます! 宜しくお願いします!

2/4 色々

イメージ
今日は2/9のライブに向けての練習をしました。

左から よりこさん(MISOLA)、みすちゃん(恋のパイナップル)、まちこ(やなぎさわまちこ)
今回ayU tokiOはコーラス三声にトライしてみます。
よくやる曲でも、久々の曲でも、この人たちのハーモニーが火を噴きます!!

そして、
バイオリンにはニオさん、ビオラにはアッコさん、ベースには今回ayU tokiO初登場のサトル君(Hirose Kazuna with ECHO)。

お楽しみに〜!!

Kent Funayama albam [BOY'S LIFE] release live」 2018.2.9 fri - 梅ヶ丘 Quintet w / Kent Funayama (eg/新井仁 key/中村圭作 ba/田中貴 dr/原GEN秀樹) ticket adv 3500 / door 4000 / open 19:00 / start 20:00 Info : https://www.facebook.com/spacy.quintet/


新作の話。

最近はずっとドラムのこと、というか、シンバルのことを考えてます。

1/18 トビラでのライブのこと / 小山ゆうの漫画のこと

先日新年初めのライブを弾き語りでしました。

下北沢のトビラという料理屋さんが今月で終わってしまうということで、トビラのケンタロウさんに誘われて演奏しました。
トビラではいろんな人に出会ったし、良い思い出がいっぱいあります。
大橋さんがカレー二皿半くらい食べてて、そんなお腹空いてたのかなと思ったんですが、
お店なくなっちゃうから最後にいっぱい食べようって事なのかなと思って、そういうのなんか良いなと思いました。
クマに鈴のレオくんが来てくれていて、大橋さんに「大橋さんの靴下サッカーソックスですね」と何度言っても「そうかな、違うでしょー」と応じていて、僕もサッカーソックスだろうなと何度も思いました。

「犬にしても」という曲を初めて自分一人で歌いました。
演奏はボロボロだったけど、なんか良かった気がします。
この曲を作った頃自分が歌詞に乗せて歌いたかったことがたくさん詰まった曲だからすごく気に入っています。
この曲は、音源でもライブでもやなぎさわまちこが歌っています。

この曲の7インチをリリースしてくれたなりすレコードの平澤さんは、ayU tokiO久々の新曲が自身の歌唱ではないことに何も突っ込んだりしませんでした。
ジャケットにはベドリントンテリアというとても珍しい種類の犬が写っているんですが、「この犬が良いから探して欲しい」と言ったら平澤さんが見つけてきてくれて、出会わせてくれておかげで満足度120%のジャケットになりました。
全部笑って許して、全部なんとかしてくれました。いい人です。
初めて自分で人前で歌ってみて、そんな事いろいろ思い出したりしてジーンときました。

この日の最後に出たたけまつさんのギター演奏がすごくよかったです。
足組んで座って弾く時、浮いた足がひよひよと動くが犬の尻尾のようでとても良いです。

新年最初のライブの日はそんな感じでした。



ところで、
最近小山ゆうの漫画を立て続けに読んでいます。
小山ゆうといえばやっぱり初めて読んだ「あずみ」の印象がすごく強いから、どの作品を読んでても大事な人が簡単に死んじゃうんじゃないかと怯えてましたが、他の作品ではあまり人が簡単に死にません。(「愛がゆく」では沢山死ぬ。)
色々読んでいると、むしろ死ぬことよりも生きることの方に照準が合っている感じがするので、最近は生き方って大事だよなと思ってます。

ゴロツキキャラの下…

1/4 2017年を振り返る(下半期)

イメージ
7月。
博文さんのレコ発ツアー夏版の初日でまたしてもtr707使いました。




ドラムセットへ急激に関心が向き、古いYAMAHAのセットに狙いを定め無事購入。
そしてこのYAMAHA SDM-5というスネアは未だに探し続けてます。




引き続きやなぎさわまちこ作品制作を進めました。
購入したばかりのドラムセットを持ち込んで張り切って特典音源の録音。
3パターン用意しました。

 初日、まちこの恐竜 ver の録音時
二日目、ayU tokiO ver 録音時

CDに先駆けやなぎさわまちこカセットのリリース 
レーベルロゴ登場


8月。 引き続き録音が続きました。 key/今井君、gt/大石さん、vn&vla/アッコさん ありがとうございました。



そして昨年はぶっ壊れたメカを色々直しまくる年でもありました。(仕事) 困ったことあったら相談してください。





9月。 やなぎさわまちこ「わたしの向こう側」リリース。


まちこ&デスミさんとお店回りしました。





「new solution 5」開催。
この回はHei Tanakaと共に。