投稿

2021の投稿を表示しています

2/20 REV.01 RELEASE CRAVAN TAKE.5「しゅくふくを」

イメージ
REV.01 RELEASE CRAVAN TAKE.5「しゅくふくを」 が終わりました。 これによって全てのリリースイベントが終わりました。 ありがとうございました! 去年から続くコロナ禍、二度目の緊急事態宣下での開催ということでとても悩みましたが、開催することにしました。やれて良かった。 それぞれの会場で出演者が思いを持って参加してくれていることがよくわかり、主催する身としては毎回「とても、ありがたいです!」と思ってました。 どの日にもそれぞれ別の雰囲気がありました。 「これは出演者ごとの、お客さん達のムードなんだな」と、とても興味深く見ていました。 僕はどの会場にいた人達のこともとても好きだなと思いました。そりゃそうですね。好きな人しかコンピには誘ってないんですから。 お客さんからの予約のメールですが、どの方もとても丁寧に連絡をくれて助かりました。 個人情報は念のためにまだ保持しますが、一ヶ月たったらしっかりと抹消いたします。 感染対策に関してもマナーのしっかりしたお客さんと会場でとても助かりました。 関係してくれるいろんな人の気持ちに助けられて、イベントは成り立っているんだなということを改めてよく理解しました。最高の気持ちです。 ありがとうございました。 ----- take.5「しゅくふくを」 本当に良いイベントだったなと思います。 会場の7th FLOORのミヤジさんとはtake.1「きょうは、にちようび。おはようございます。」の回でも一緒に動いてもらいましたが、彼は本当に楽しい人でした。 ありがとうございました。 イベントについて考えることが多かった数カ月でした。 普段イベント事に多く関わっているミヤジさんと話をしている中で気づいたことも色々ありました。 主催の人によってイベントの質感って変わってくるんですね。 まず、主催と出演者(参加者)との関係性はもろにムードに反映されますよね。 そして、これはそんな演者を楽しみにきているお客さんのテンションにも間接的に影響があると思います。なるほど。 イベント主催やレーベル主宰における納得感。 今回RELEASE CRAVAN開催では音源制作を超えて、更にいろんな人とやり取りをすることになったのですが、これも人それぞれでしたね。 音源制作よりもイベントは具体的にお金に近いところでの出来事になるので、ホウレンソウの

2/16 REV.01 RELEASE CRAVAN TAKE.4「むまとてをつないで」

イメージ
2/14 神奈川三浦半島の先っぽ三崎口にあるミサキドーナツで REV.01 RELEASE CRAVAN TAKE.4「むまとてをつないで」 でした。 三崎に着いたらゆうらん船のみんながご飯屋さんで食事を終えたところに遭遇しました。 晴れていて、めちゃくちゃ良かったです。いいところです。 その後、みんなと町ををうろうろしてから会場のミサキドーナツへ。 昼のゆうらん船とオレ 会場の設営には藤沢さんの知り合いの方が数名来て手伝ってくれました。 テキパキと動き回る藤沢さんがとても印象的でした。 会場が出来上がりいつもの様にREV.01を設置。 かもめ児童合唱団のメンバーが不思議そうに見ていました。可愛かったです。 「これは、カセットテープと言ってね、」みたいな説明をしても良かったのですが、感染予防対策的な観点から自重いたしました。 サブマリン合唱の様子。 音源に参加してくれた子供達の声はほとんど聞き分けることができた気がします。 ミックスの上ではよく知った声でしたが、顔を見るのは初めてだったのでなんだか不思議な邂逅を果たした気がします。 その後のゆうらん船の演奏もとても良かったです。 彼らの活動も一番初めのライブから見て来ていますが、先週今週と見ていて随分とバンドっぽくなって来たなという感じがしました。 そして、他での活動でも活躍しまくっている彼らは最高。頑張ってね! しかしながらなんとなく いたるくん・ながいくん・いっちゃんの幼馴染の三人が一緒にいるところを見ると今でもホッとする感じがあります。 ずっと変わらないものってのもあるんですよね。そういうのも良い。 リハの後、MP(ミサキドーナツ系列レストラン)の前でゆうらん船とたむろしていたらだんだんとかもめちゃんとその保護者の方々が集まって来て記念撮影が始まったのがめちゃ良かったです。 ありがとうございました。 かもめちゃん、風邪ひくなよ。 ----- ついに今週末で最後です。 COMPLEX presents 『REV.01 RELEASE CARAVAN #東日本』 take.5『しゅくふくを』 2021年2月20日(土) 渋谷 7th FLOOR open 11:00 / start 11:30 adv ¥2800 / door ¥3300 +1d ¥600 50名限定 op act : MURAバんく。 LIVE

2/12 REV.01 RELEASE CRAVAN TAKE.3「たすけもとめるあいず」

イメージ
2/6はお昼からレコ発パーティー第三弾でした。 会場は月見ル君想フ。 昼のイベントということでバタバタしつつ、ayU tokiOとやなぎさわまちことまちこの恐竜での2回のライブで忙しかったですが、久しぶりのライブで緊張する我々の前に一番手として堂々としたステージングで魅了してくれたゆうらん船。さすがやね。本当に良かったです。 来てくれたお客さんもゆうらん船に感動している方が多くて大変嬉しいでしたが、お兄さん達、膝ガクガクしました。 あ、ゆうらん船としては昨年リリースした「MY GENERATION」が色々なところで評価されている様子です。 これは自分としてもとても嬉しいことです。 http://www.applevinegarmusicaward.com/ アジカンゴッチさんらによるアップルビネーガーアワードにもノミネート◎ 彼らは明後日のREV.01 リリースキャラバン take.5 「むまとてをつないで」 にも出演してくれるのですが、こちらのイベントはチケットソールドアウトとなりました🙇‍♂️ ありがとうございます。 しかし、何度も言いますが、体調や気持ちに無理せずでお願いいたします。 ----- ライブ中のMCでも僕言ってましたが、 レーベルのウェブサイト https://complex-revision.tokyo/ 内の、limitedページというのがありまして、これはREV.01というコンピを買うと封入されているパスで入ることができるマニアページですが、ここに密やかに貼り付けている制作記がだんだん充実してきましたよ。 おまけテキストのつもりでやっていますがここでしか書けないことを山のように綴っています。 ここの文章読みながら改めて聞き直してみるとまた少し印象が変わるかもしれません。 加えて更に、新シリーズ クマに鈴 平賀レオの 「愛の表現」 が始まりました。 ホームページ担当のテリーくんから、「ここに来て新シリーズ、、終わるんでしょうか、、」 と心配されましたが、大丈夫。きっちり締まりますので。 レオくんとは同い年で色々と話が合う音楽仲間なのですが、彼の文章がかなり濃厚で面白いのでこちらもチェックしてみてください。 ----- ライブの方に戻しますと、今回のやなぎさわまちことまちこの恐竜ではミツメからナカヤーンをベースに、元シャムキャッツでテトラレコー

1/31 REV.01 RELEASE CRAVAN TAKE.2「なまえをつけてやる」

イメージ
REV.01 RELEASE CRAVAN の2回目「なまえをつけてやる」 が終了しました。 とても良かったです。 ----- 自分の主催するイベントに自分が出演しないのは今回初めてでした。 今回のレコ発ツアーでは他にもそういった日がありどんな感じなのかなと思ってましたが、出演の緊張は無いものの、良い感じに進行してくれるように祈ったり、結局緊張はありました。そんな感じです。 そして今の時勢ではイベントの後のみなさんの健康の心配などもあります。 コロナ対策に関してはライブハウスはどこのお店もとてもしっかりしてくれている印象がありますが、その中でも特にLIVEHAUSはこの辺りの用意を徹底したお店です。 実際イベントをやってみるとスタッフの意識の高さと丁寧さにもとても感心しました。 お客さんの様子を見ていてもとてもマナーの良い人たちばかりで嬉しかったです。この点に関しても本当に感謝しています。ありがとうございます。 ----- 当日会場に着いたらとサトアの佐久間姉妹がいました。 なんだか会うのはだいぶ久しぶりな感じです。 本当だったら『みらべる』のリリースだってお祝いしたかったし、その後の活動だってプランがあったはずなんですけどなかなかそうもいかないです。 またいつか一緒に何か出来たら良いなって思います。 リハが始まってすぐにサトアにLIVEHAUSの音は合っているなと感じました。 今回のライブを組み立てるとき、誰がどこのライブハウスで演奏するか、そのときにどんな出会いがあるか なんてことを自分なりに考えます。 サトアのLIVEHAUS、これも良かったんじゃないかな。 LIVEHAUSは最新の音響機材と部屋の質感からはあまり想像出来ないような感じで、メインスピーカーからは柔らかな音がします。 対して、アンプ類やドラムセットはかなり元気よく生の鳴りを響かせるので音に繊細さを含んだロックバンドにはよく合うんじゃないかと思います。 たくさん歌う、楽器の演奏はシンプルでダイナミクスの表現も重要。サトアってまさにそんな感じです。 知り合いのお客さんの中でも「初めて来ましたけど音がいいですね」と言ってくれている人が何人かいて、自分の店ってわけじゃないけど仲のいい人たちの大事な店が褒められるのはなんか嬉しかったですね。まだ行ったことのない人はいつか機会があったら遊びに行ってみてくださ

1/13 REV.01 RELEASE CRAVAN TAKE.1「きょうは、にちようび。おはようございます。」について③

イメージ
REV.01 RELEASE CRAVAN #東日本 の初日 TAKE.1「きょうは、にちようび。おはようございます。」 が無事に終わりました。 寒い寒いと予想されてましたが、日中はポカポカとした陽気で気持ちのいい青空が広がってました。 イベントに力を貸してくれたみなさんの友達がお散歩がてら立ち寄ってくれたり、自分としても古い友人がふらっと遊びに来てくれたりと、とても良い1日でした。 会場ではみなさんお酒を飲んだり食事をしたりしつつ話も弾んでいる様子でしたが、それぞれが会話の際にはきちんとマスクの着用してくれたり、手をこまめに除菌するなどのエチケットもしっかり守って楽しんでくれていた様に感じます。ありがとうございました。 その他、安心してボーナストラック内を回遊して楽しめる様な仕掛けとして、ライブとDJの行われる部屋の窓を開け放ち、外から覗き込む様な形で観賞出来る様にしました。 寛容な近隣の方々に感謝です。ありがとうございました。 そして、ここで鳴らされている音は入力したミキサーからトランスミッターを使ってFM電波として飛ばし、会場数カ所に設置したラジカセに受信させ、そのスピーカーから流すということにしました。 かなり良い感じになってて最高でした。 なお、一つ前のポストに詳細を載せていましたが、販売していた三台のラジカセは二台売れて残り一台となりました。 これも感謝です。ありがとうございます。 残った一台、SONY CFS D-10は1/30のイベントで引き続き販売しようと思います。 よろしくお願いいたします。 ----- 各出店のみなさん、見て行ってくれたお客さんや町の人、ありがとうございました。 ノアルイズレコードが若いの音楽好きの人たちを中心に大ウケしてたことや、DJみなさん素敵だったこと、大浪漫商店のルーローハンが美味しかったことなど、最高でした。 DJもやってくれていた武末亮さんのライブの様子については自分のインスタの方に動画載せてみたので良かったら見てみてください。(一瞬ですけど) https://www.instagram.com/p/CJ43BkwpnZ9/?utm_source=ig_web_copy_link ----- そして、もう一つとても印象的だったのはTETRA RECORDSの二人とした話でした。 取り留めのない話をするという時間を引き

1/9 REV.01 RELEASE CRAVAN TAKE.1「きょうは、にちようび。おはようございます。」について②

イメージ
こんばんは。 明日は REV.01 RELEASE CRAVAN TAKE.1「きょうは、にちようび。おはようございます。」 当日です。 最後になりましたが、COMPLEX SHOPとして販売するラジカセの紹介をいたします。 REV.01 RELEASE CRAVAN #東日本 は数回に分けて行うイベントになりますが、明日のTAKE.1「きょうは、にちようび。おはようございます。」に関しては池袋オルグや渋谷7TH FLOORの人 でお馴染みの友人のミヤジさんに協力してもらっています。 今回はカセットコンピのリリースだからということでそれにちなんだ何かをやりたいなと二人で相談していた時、ラジカセの販売はどうかとなりまして、「まぁそれはありえるな」と感じ今回はさらに一声、 『ビンテージラジカセ 💡 ミヤジセレクション』というテーマを設けてやってみることにしました。 彼の世界観に寄り添いながら、僕が丁寧に修理調整を施した珠玉の3台となります。 それではミヤジさんからのレコメンド分と共にご紹介いたします。 よろしくどうぞ。 ----- SONY CFS-7000 販売価格 ¥33000(税込) 1984年発売。スピーカー部分が取り外し可能なコンポ仕様になっています。グライコ部分をはじめ操作部のデザインもクールだし、修理を手掛けたアユ君お墨付きの高音質な2wayスピーカーも調子いい。録/再/リバースボタンはフェザータッチ仕様だそうで、さわり心地も気になりますね。 ⚡︎ SONY CFS-D10 販売価格 ¥27500-(税込) 1986年発売。重低音が楽しめるドデカホーンシリーズのシングルカセット仕様のラジカセ。同シリーズのWカセット仕様とは異なるコイツの魅力は前面に堂々と設置されている5連グラフィック・イコライザーではないでしょうか。存在感があってかっこいい!ライン入力端子もついてますよ。 ⚡︎ SONY CFS-W30 販売価格 ¥25300(税込) 1986年発売。MADE IN JAPAN。ソニー製のシンプルなWカセット仕様のラジカセ。四角いボディに刻まれた「D・O・U・B・L・E」の表記と明るめなポイントカラーに時代を感じる!上部のプラスチックボタンの質感がチープでかわいい。マイク入力はあるけど、外部入力端子はないのでご注意を。 ⚡︎ 続いてミヤジさんからの今回

1/8 REV.01 RELEASE CRAVAN TAKE.1「きょうは、にちようび。おはようございます。」について①

イメージ
あけましておめでとうございます! 明日1/10は REV.01 RELEASE CRAVAN TAKE.1「きょうは、にちようび。おはようございます。」 会場は下北沢のボーナストラック https://bonus-track.net/ 11:00スタート、入場料無料のフリーイベントです。 激換気を徹底意識してやってまいりますので、温度はほぼ外◎ あったかい格好でご来場下さい。 マスクの着用、アルコールでの除菌などをお願いする場合がありますがご了承くださいます様お願いいたします。 以下当日のガイドラインになります。 ■新型コロナウイルス感染拡大防止の為のお願い ・37.3度以上の発熱がある方、健康状態に不安がある方はご来場をお控えください。 ・ご飲食時をのぞいて常にマスクを着用してください。 ・会場内各所に消毒液を設置します。こまめな手指の消毒をお願いします。 ・お手洗いをご利用の際は、必ず石鹸での手洗いをお願いします。 ・DJ/ライブ/トークステージ、フード販売場所は室内です。 イベント中は常に窓を開けて換気をおこないますが、混雑状況によって入場制限を行う場合がございます。(当日は屋外でもライブやトークが楽しめるように配慮します。ぜひ移動しながらお好きな場所でお楽しみください。) よろしくお願いいたします。 ----- ライブアクトの紹介です。 ①すずきみすず  @panapanams 今回は残念ながら出演キャンセルとなります。 『レモンの切り目』は最高🍋。 ②武末亮  @ryo0ooooooooo 武末さんはDJでも参加してくれます。 残念ながら今回は出演キャンセルとなってしまったすずきみすずさんの『レモンの切り目』の海鳥の鳴き声等も彼によるもの。 ----- 続いてDJのみなさんの紹介です。 ①ayU tokiO+やなぎさわまちこ  @machiko_max ぼくとやなぎさわまちこによる選曲。 ②武末亮 ライブもしてくれる武末さん。この日のイベントタイトルは彼から頂いたもの。 ③Tako Mizutani  @suibuness 「たこちゃん」こと水谷君。いつもお世話になっております。 ④MAKKOTRONさん 下北沢Upstairs Records & Bar の 店主であるMAKKOTRONさんです。 ⑤李 ペリー(Le Perrie)さん  @L