投稿

11月, 2023の投稿を表示しています

『大・シーサー博』って何だったの 3(後)

イメージ
5月 大・シーサー博 8月 中・シーサー博 (マーケットイベント『みちくさ』内にて) 11月 小・シーサー博 (カセットのリリースパーティ) 全部終わって一週間経ちました。今日は11/18。 ここまで何をやっていたのか、自分なりに言葉にできる気がしています。 まずそのことに安心しています。 ----- http://www.ayutokio.net/2023/11/2.html ここからは前回↑の続きであり、最後の話です。 前回話した通り、 ファンシーとトロピカルを軸に、緩やかに色んな人が集合することを目指した「大・シーサー博」でした。 大・シーサー博 フライヤー画像 5月のイベントではday1をマーケットイベント、day2をライブイベントに。 まなっちゃんとの話し合いで「イベントに先行してトロピカル・ハイサイから一曲リリースを」ということで、沖縄80sヒッツである「肝がなさ節」をカバーすることになりこちらも敢行。 オリジナルの「肝がなさ節」の音源に使われているウィンドチャイムの音色はおそらくROLANDのTR727のものなんじゃないかな、と思っています。興味深いです。 まなっちゃんはウクレレを弾き、僕はオムニコード(という電子楽器)の音を入れることにこだわりました。 この辺りのごちゃっと感がトロピカル・ハイサイというホストバンドの肝だった様に思います。 オムニコードは「ファンシー電子楽器」の代表格です。 そして、この楽器は繰り返しの多い曲にはうってつけの楽器です。 結局、使用したのはちむがなさ節の一曲のみにとどまりましたが使えてよかったです。 歌詞をまなっちゃんに意訳してもらうアイデアは僕やまちこやありりからの提案、素敵な歌詞を仕上げてくれました。 というわけで今回のイベントのパイロットソングです。 どうぞ聴いてください。 沖縄ファンの方はたくさんいると思うのですが、いろんな人と沖縄の話をしているとどの辺りを愛しているのかが本当に人それぞれだなと感じます。 とても興味深いのですが割愛します。 まなっちゃんの場合は「全部あるから」とのことです。 彼女の感性もとても興味深いなと思います。 day2でのトロピカル・ハイサイのライブの内容をライブカセットテープとして音源化するのはCOMPLEXが音楽レーベルだから当然っちゃ当然という感じの流れで行いました。今回の要の一つで

『大・シーサー博』って何だったの 2(中)

イメージ
レーベル活動を始めてからは、どちらかというと音楽活動の周辺の事を考えていることが増えました。 どうやったらCOMPLEXの仲間の音楽が続いていくのか。 販売の事を真剣に考えていると自分にとっての面白さがどんどん失せていき、楽しい方に考えようとすると無駄の多い、妙な催し事のアイデアばかりが増えます。 今回の大・シーサー博のテーマであった、 『ファンシー』・『トロピカル』 とはなんだったのか、テーマとした経緯をざっと話してみます。 ----- 「多様性」と僕はしばしば口にしますが、何もかもが色んな形で良いはずで、それは本当に大事な事だと思っています。自分の見つめるものは当然「全て」に対応出来るものではなく寧ろその逆なんだと思います。 何かが続いていくにはバランスを保ち続ける事が必要になりますが、特殊な形のものを存続させるには当然特殊な形のバランス感覚を自分で探し出さなければなりません。 今年のはじめ頃。 COMPLEXレーベルでの自分なりの面白みについて考え直していました。 COMPLEXが指す「多様性」ってどのへんの事だったか。 COMPLEXは僕にとっての、ayU tokiOではない音楽活動の場所でもあります。 曲を作って演奏するだけがミュージシャンの音楽活動ではないと思っていて、他人と活動を共にする事もとても大事な事だと思います。 「バンド」の関係性とは別の、他者と手を取り合う事での可能性の拡がり。 これは現時点での僕にとってとても興味深い事です。 所謂音楽レーベル的に「リリースをする〜他人の音楽の世話をする」をする事よりも優先して、自分にとっての音楽活動として興味が湧く事なのかどうかというのが何よりも重要です。 自分の音楽の本分がどの辺りにあるのかを見失わない様に、バランスをとりながらじっくりやっていきたいです。 僕の考えるバランスが成り立つ瞬間がこの先に存在するなら、それは是非とも見てみたい。 今僕がCOMPLEXレーベルをやる大きな理由の一つはこれです。 ----- 同じ時期に抱えていた言葉にしようのない寂しさのヤバさと、 snsで見かけたまなっちゃんの作った変わった佇まいのシーサー。 COMPLEX & 永原真夏 pre. ということでイベントをやってみよう。 ということで「大・シーサー博」という名前だけを持ってまなっちゃんに会いに行きました。 様

『大・シーサー博』って何だったの 1(前)

イメージ
COMPLEX & 永原真夏 presents.『大・シーサー博』 とは、 音楽レーベルCOMPLEXとファンシー界のロックスター永原真夏が織りなす、 [トロピカル]や[ファンシー] に対する緩やかな憧憬を、沖縄のキャッチーアイコン『シーサー』に乗せ、南国風に大展開する、 ピュアな気持ちで臨むイベント 🏝 ----- 今年のゴールデンウィークに行ったこちらのイベント。 COMPLEXレーベルのメンバーにも共催者のまなっちゃんにも具体的な説明は大してせずにやってきました。すみません。🙏 年々、僕たちは説明くさくなってきてる気がします。 解明を捗らせる便利なツールも増えたり、説明が必要とされたり、そんな風潮も感じるけど、一番はシンプルに僕ら自身の加齢によるものが大きいのかなと思います。 年取ると複雑です。 簡単なことをややこしくするのも当たり前にダサ過ぎるので良くないけど、 複雑化していく感情をややこしく説明するのもよくないし面倒臭いし誤解が危ない。 かといって複雑なものを、無理にシンプルにしていくのも見せていくのも全然楽しくない。 いろいろ良くない。 というわけで、内容は盛りつつも敢えてテキストでの説明を出来る限り避けつつ、和やかな雰囲気で乗り越えていこう。 というのがこのイベントをやる上での僕の中での気持ちの面でのアイデアでした。 が、 秋になりましたし、来週はライブがありますので、 今日は自分なりにこのイベントをやるにあたって持っていた気持ちを少し話してみようと思います。 「大・シーサー博」のアイデアが生まれたのは昨年末のこと。 まず、その頃の僕の気分・気持ちの話から。 ----- 1 snsのことを考えてました。いつも考えてます。 何事も本音と建前の使い分けが大事。あと場所もタイミングも大事。 これだけですでに難しすぎる。 難しすぎて、公私の境界線は緩やかに混ざり合っている。 自分がまさにそうです。 見る限り、大体の人がそんな感じだと思います。 それもどうかと思う。 そして、snsの上には本音か建前か良くわからないような、なぜか「正しい」事ばかりがいっぱい存在してて、何か変だ。欲しいのは気持ちではなく、鍵となる情報。そういう「言葉」。 何かや誰かや自分を守る為のはずの言葉で、良い時も悪い時もこんなにも不愉快な気持ちになるのは奇妙だと思う。何かおかし